ASTOOL生産現場向け副資材のことならASTOOL(アズツール)
 >   > マイクロメータの使い方 スモールツールガイド

マイクロメータの図などを用いてわかりやすく! マイクロメータの使い方 スモールツールガイド

出典元:新潟精機株式会社

マイクロメータとは

マイクロメータとは、ノギスと並んで使用頻度の高い測定工具の1つです。

各部の名称

最も一般的な物は、外側マイクロメータです。上図のようにフレーム部分の両端に固定側のアンビルと、スピンドル部が付いたマイクロメータヘッドが配置されています。一般的には回転するシンブル部は、1回転0.5mmの精密なねじ構造となっており、シンブルの円筒部に50等分割の目盛が入っていますので、0.01mmの分解能で測定することができます。シンブルの最後部には、ラチェットストップ(定圧測定装置)が付いていますので、測定圧を一定にすることができます。

マイクロメータの種類

マイクロメータの読み方

目盛の読み方

目盛りの読み方例

●スリーブ部の上下に目盛が付いています。
●下側が1mm単位の目盛です。上側が1mm単位の中間に目盛が付いていて、0.5mm単位の目盛を表します。
●目盛が読みやすい測定姿勢をとることはもちろんですが、スリーブの目盛線、特に上側の0.5mm線が見えるかどうかで、0.5mmの読み間違いをすることがしばしばありますのでご注意ください。

※上記の測定者や視差による読み違いを少なくするために、カウントマイクロメータデジタルマイクロメータの普及率が高くなってきています。

マイクロメータの使い方

デジタルマイクロメーターでの測定例

被測定物をアンビル(固定側)とスピンドルに挟んで、シンブルを右回りに回転させます。最後の締め込みは、ラチェットストップを1~3回空転させて計測します。
※ラチェットストップを使用することで一定の測定圧を加えることができます。

各部の名称

マイクロメータの調整

0点の合わせ方(0-25の場合)

  • 測定面をきれいにするイメージ画像

    測定面をきれいにする。

    被測定物に当たるアンビルとスピンドルの両端測定をきれいにします。両測定面の間にきれいな紙を1枚軽く挟んで、紙をそのまま引き、最後に測定面を開いて、紙を取ります。
    ※紙の種類によっては端にホコリなどが付着しやすいため、紙をそのまま引き抜くことは避けてください。

  • ラチェットを回すイメージ画像

    ラチェットを回す。

    この時のねじの締め加減(測定圧)を重要です。右端のラチェットを1~3回空転させます。

  • クランプするイメージ画像

    クランプする。

    写真では、0目盛が約5μmズレていますので、このズレを修正する必要があります。まずはこの位置でスピンドルを固定するためにクランプします。

  • キースパナを入れるイメージ画像

    キースパナを入れる。

    クランプが付いている反対側(裏側)のスリーブ部には、穴が空いています。その穴にキースパナを入れて、0点を調整します。スパナを確実に穴に入れてから回さないと、スパナが外れて目盛面にキズを付けてしまいます。注意してください。

  • 0点が合うイメージ画像

    0点が合う。

    これで0点が合いました。目盛を読む時の目の位置は、目盛の真上からです。斜めから読むと、2~3μm程度の誤差が生じてしまいます。

  • 総合精度を確認するイメージ画像

    総合精度を確認する。(マイクロメータスタンドを使って保持)

    ※ねじ利用の測定器のため、ねじ自体のピッチ誤差が生じることもあります。そのため0点が合致しただけでは安心できません。
    マイクロメータスタンドにマイクロメータを保持します。

  • 総合精度を確認するイメージ画像

    総合精度を確認する。(ブロックゲージを挟む)

    ブロックゲージを挟み、ブロックゲージの呼び寸とマイクロメータの目盛表示が一致していることを確認します。これで総合精度確認は完了です。

  • ブロックゲージ

マイクロメータおすすめ商品

標準外側マイクロメーター(定圧装置付き)
標準外側マイクロメーター
(定圧装置付き)
商品はこちら
デジタルマイクロメータ
デジタルマイクロメータ
商品はこちら
AXELでマイクロメータをもっと探す

AXELで マイクロメータ をもっと探す

お役立ちコンテンツ