ASTOOL生産現場向け副資材のことならASTOOL(アズツール)

AXELホーム > 生産現場向けASTOOLホーム > スモールツールガイド ダイヤルゲージ編

スモールツールガイド ダイヤルゲージ編

出典元:新潟精機株式会社

ダイヤルゲージとは

ダイヤルゲージとは

本尺目盛の付いたスケール部と、そのスケールのベース部、及びトースカン(ケガキ工具)と一体にしたバーニャ目盛、またはデジタルにより正確な測定値の読み取りができるようにした物です。

比較測定器とは

ノギスやマイクロメータのようにその測定器で直接測定値を読み取れる物と違い、何か別の基準と比較し、その測定値や差を読み取る測定器を言います。比較測定器には必ず比較する基準が必要となります。

基本的な使い方

通常、単独では使用せず、ステム部か背面部を保持具に固定して使用します。マグネットベースに取り付けて使うことが多く、支柱やアームの使用方法により剛性に違いができ、誤差を生じてしまう場合もありますが、測定変位を見るだけなら簡単に使えて、高い分解能で調べることができるので、非常に便利なツールです。現場での測定では、数値をよ直接読み取るよりも、平行度、平面度、同芯度などを調べる測定に多く利用されています。

ダイヤルゲージの種類

  • 標準型

    測定子とスピンドルが上下に移動するタイプ。

  • てこ式

    測定子の動きをてこの原理で拡大するタイプ、ダイヤルインジケータとも言います。測定子が小さく、また角度の自由が利きますので、狭いスペースでの測定に便利です。

  • ロングストロークタイプ

    測定範囲の長いダイヤルゲージです。

ダイヤルゲージの使用例

  • ダイヤルゲージで、施盤加工での円筒部分の真円度を見ています。

  • 端面の凸凹を見ています。

  • 保持姿勢

    ダイヤルゲージを保持具に固定する場合は、以下の点に注意して取り付けてください。
    ●平面の測定ではスピンドル(測定子)を垂直にする。
    ●円筒外部の測定ではスピンドルは円筒軸と垂直にする。

ダイヤルインジケータの使用例

  • フライズ版テーブルに取り付けたバイスの芯出しを行っています。

  • 施盤作業で肉薄の加工物をスクロールチャックで固定した時の円筒面の振れや締付応力による変形を見ています。

  • 02-1の外周に対して、内周の同芯度を見ています。

  • 狭い溝面等の測定や、ダイヤルゲージより厳しい精度を要求される時には便利です。構造上、測定子は測定面に対してできるだけ平行にする方が正しい数値が出ます。 ※使用するマグネットベースなどには、微動装置付きをおすすめします。微動装置が付いていないと、測定しやすい場所に取り付けできないなどの不具合が発生します。

測定子は被測定面と平行に、測定方向と直角に。

ダイヤルゲージおすすめ商品

ダイヤルゲージ
ダイヤルゲージ
商品はこちら
ロングストロークダイヤルゲージ
商品はこちら
商品はこちら

AXELで ダイヤルゲージ をもっと探す

お役立ちコンテンツ