ASTOOL生産現場向け副資材のことならASTOOL(アズツール)

AXELホーム > 生産現場向けASTOOLホーム > 化学物質のリスクアセスメント

化学物質のリスクアセスメント ~対策は万全ですか?~

労働安全衛生法改正

労働安全衛生法の改正で、SDS※交付義務のある667物質(一定の危険有害性のある化学物質)について、事業場におけるリスクアセスメントの実施が義務付けられました。
※SDS=安全データシート(2016年6月1日施行:640物質、2017年3月1日施行:+27物質)

リスクアセスメントとは

化学物質やその製剤の持つ危険性や有害性を特定し、それによる労働者への危険または健康障害を生じるおそれの程度を見積もり、リスク低減対策を検討することです。

対象となる事業場は

業種、事業場規模に関わらず、対象となる化学物質の製造・取扱いを行うすべての事業場が対象となります。製造業、建設業だけでなく、清掃業、卸売・小売業、飲食店、医療・福祉業など、様々な業種で化学物質を含む製品が使われており、労働災害のリスクがあります。

リスクアセスメントの手順例

出典:厚生労働省資料「労働災害を防止するためリスクアセスメントを実施しましょう」

ステップ1 化学物質などによる危険性または有害性の特定
ステップ2 特定された危険性または有害性によるリスクの見積もり
ステップ3 リスクの見積もりに基づくリスク低減措置内容の検討
ステップ4 リスク低減措置の実施
ステップ5 リスクアセスメント結果の労働者への周知

リスクアセスメント関連おすすめ商品

リスクアセスメントの手順(1~5)における、ステップ2(リスクの見積)、及びステップ4(リスク低減措置の実施)でお役に立てる商品群です。

検知器

商品はこちら
検知管

商品はこちら
パッシブ・
ドジチューブ
商品はこちら
有機ガス
モニター
商品はこちら
受託ラボ

各種ガス分析の受託も行っております。
お気軽にお問い合せください。

お役立ちコンテンツ