ASTOOL生産現場向け副資材のことならASTOOL(アズツール)
 >   > ハイトゲージの使い方 スモールツールガイド

ハイトゲージの使い方 スモールツールガイド

出典元:新潟精機株式会社

ハイトゲージとは

ハイトゲージとは、機械部品加工や金型・治工具の測定やケガキ作業には欠かせない測定器です。また、各種測定やケガキ作業には、基準となる定盤などが必要になります。

ハイトゲージの各部の名称(本尺止めねじ、本尺移動装置、送りねじ、柱、本尺、本尺目盛、微動送り、微動止めねじ、スライダ、スライダ止めねじ、拡大レンズ、バーニヤ目盛、微動送り車、スクライバ止めねじ、スクライバクランプ、ジョウ、スクライバ、測定面、ベース、基準端面、ベース基準面)

構造

本尺目盛の付いたスケール部と、そのスケールのベース部、及びトースカン(ケガキ工具)と一体にしたバーニャ目盛、またはデジタルにより正確な測定値の読み取りができるようにした物です。

ハイトゲージとは / ハイトゲージの種類 / ハイトゲージの使い方 / ハイトゲージのおすすめ商品

ハイトゲージの種類

バーニャ目盛式の標準ハイトゲージとデジタル表示式のデジタルハイトゲージがあります。また、サイズも一般的に150mm~1000mmまであります。

標準ハイトゲージとデジタルハイトゲージ

仕様

最小読取値は本体サイズにより、0.01mm・0.02mm・0.05mmまであります。また、ダイヤルインジケータホルダなどを利用して、てこ式ダイヤルゲージ(ダイヤルインジケータ)を取り付け、平行度・平面度・真直度の測定を行なえる物もあります。

ハイトゲージとは / ハイトゲージの種類 / ハイトゲージの使い方 / ハイトゲージのおすすめ商品

ハイトゲージの使い方

ハイトゲージの使い方実演画像

標準ハイトゲージ

測定物にスクライバ部を押し当て、本尺で1mm単位の数値を読み、バーニャ目盛で0.02mmまたは0.05mm単位の数値を読み、測定値を読みます。

※バーニャ目盛部には、読み取りやすいように拡大レンズが付いているタイプもあります。また、スクライバ部の材質は超硬チップ製などで、ケガキ作業が可能です。

デジタルハイトゲージ

測定物にスクライバ部を押し当てるだけで、測定値がデジタル表示されます。

  • 絶対測定実演 絶対測定

    通常の測定で定盤(ベース基準面)にスクライバを密着させて0測定を行ない、被測定物にスクライバを当て測定します。

  • 比較測定(基準となる被測定物の測定) 比較測定

    基準となる被測定物にスクライバを当て、0設定します。

  • 比較測定(比較したい被測定物の測定) LCD表示部

    比較したい被測定物を測定します。基準となる被測定物との差がデジタル表示されます。

ハイトゲージとは / ハイトゲージの種類 / ハイトゲージの使い方 / ハイトゲージのおすすめ商品

ハイトゲージおすすめ商品

標準ハイトゲージ 標準ハイトゲージ
商品はこちら
デジタルハイトゲージ デジタルハイトゲージ
商品はこちら
AXELでハイトゲージをもっと探す

AXELで ハイトゲージ をもっと探す

お役立ちコンテンツ