ナビス 看護・医療・介護

自助具について

自助具とは

あなたは自助具をご存じでしょうか?
自助具とは、障害や病気などによる麻痺、加齢による身体機能の低下を原因とする動作の困難を補うための道具や装置のことです。食事,入浴,家事,更衣,排泄,余暇活動など,日常生活のさまざまな場面において,体の不自由な人の自立を助け,可能な限り自分自身で容易に行えるように補助し、日常生活をより快適に送るために、特別に工夫された道具です。
自分自身では出来ないと諦めていたり、人に依存していたことが自助具を使うことにより可能になると、物理的に生活の幅が広がるだけでなく、精神的にも積極性が出てくるなど、自立生活を高める効果が期待できます。

自助具の種類

自助具には各シーン別に種類があります。


食事・家事で使える自助具
食事・家事:自分で食事を取ることは大切な動作です。
自分で食べたいものを食べたい順番で、時間がかかってもおいしく食べられることを助ける目的の自助具はたくさん存在します。
しっかり持ちやすいような形のお箸、ケガをしないようシリコンゴムで出来た口元に優しいスプーン・フォーク、仕切りが付いた食べやすいお皿、倒れにくいように加工されたお茶碗などがあります。
また、家事を助ける自助具もあります。
シンクの手前に引っかけるだけで、楽に洗いものが出来るクッションなどがあります。
整容・身だしなみで使える自助具
整容・身だしなみ:整容とは、整髪、爪切り、歯磨き、洗顔、化粧、髭剃りなどの身だしなみを整えることです。
リウマチ、怪我、外出の機会が減ったなどの理由から、手をかけにくくなりやすい動作の1つです。
握力の弱い方でも使いやすい歯ブラシや、少しの力で楽に爪が切れる自助具などがございます。
整容は、道具を使う動作が多いので自助具を使うことで身だしなみを整える助けになります。
更衣で使える自助具
更衣:更衣とは、着替えることで、リウマチ、麻痺がある方、高齢者などでは時間もかかり困難な動作といえます。
衣類は、着脱しやすいもの、ゆったりしたもの、肌にやさしい柔らかいもの、伸縮性があるもの、面ファスナーを使ったものなど工夫されたものを選ぶのがポイントで、ボタン掛けがしやすい自助具、靴下が履きやすいなどの自助具がございます。
ひとりひとりに適した自助具を使うことは、少しでも容易な動作を増やす助けになります。
トイレの際に使える自助具
トイレ:片手でトイレットペーパーがカットできるペーパーホルダーや、便座に置くだけで高さがアップして立ち座りをサポートする自助具がございます。
今お使いのものに取りつけて使えるタイプがございますので、手軽に排泄環境を整えることができます。
その他、自分で排泄を行うことを支援する自助具がございます。
入浴の際に使える自助具
入浴:シャワーいすや浴室手すりなど、入浴時の移動、立ち座り、洗体のサポートする自助具があります。
入浴場面には、ふらつきや転倒の危険がいっぱい。
お身体の状態や、浴室内の環境に合わせて、入浴サポート自助具を使用し、安全に入浴できる環境を整えましょう。
自助具を使用し安全な入浴環境を整えることで、介助者の負担の軽減も見込まれます。
コミュニケーションで使える自助具
コミュニケーション:耳の遠い方とのコミュニケーションに適している自助具があります。
受話音量を増幅できる電話機や耳に掛けるだけで本来の自然な音が聴ける補聴耳カバー、インクではなく磁気で書ける筆談ボードなど、日常のコミュニケーションを円滑にすすめることができます。
自助具を使用することで、お互いに積極的なコミュニケーションをとることができます。
趣味・娯楽の際に使える自助具
趣味・娯楽:趣味・娯楽とは、生活の動作の一部で人により様々です。
ライト付きルーペ、握力が弱い方でも使えるハサミなどの自助具があります。
また、軽く叩くだけでハーモニカ音が鳴る遊びができるものもあります。
工夫された自助具を使うことは動作の幅が広がる、リハビリテーションの目的などで使われます。
その他:
その他、基本的な日常生活をカバーするための様々な自助具があります。
例えば高齢者福祉施設などで利用されている、ドアの丸ノブや水道栓の開閉を簡単に容易にする自助具や、手の届かない所のものを取ったり、引き寄せるなどの動作を補助する自助具、或いは、車イスに乗った方が訪問先でそのまま上げれるタイヤカバーなど、様々なシーンや生活用途に応じて、高齢者の方や障害者の方の応用動作を助ける自助具がございます。
その他のシーンで使える自助具

高齢者介護現場でよく使用されている自助具の一例

食事:(スプーン・フォーク)
手・指の運動機能や肘・肩の関節機能が低下すると、食べ物を口元に運ぶのが困難になります。
スプーンやフォークは、指・手の機能や、右手用・左手用。
握りの形状、口にあたる角度等に対応できるよう豊富な種類があります。
自助具の使用シーンの一例

食事で使われる自助具の選び方ポイント

・持ち手=握るのか、手にはめるのか
・食器からすくいやすいか
・口元に運びやすいか
・使う人に適した大きさ、重さか
・使う人に合った加工、調整ができるか
・口に入る部分は安全な材料が使われているか

自助具がもたらす効果 ~まとめ~

障害や病気などによる麻痺、身体機能の低下が原因で、食事をするときに「上手く箸が持てない、ポロポロとこぼす、周囲を汚してしまう」などを繰り返していると、どうしても食事を取る意欲がなくなりがちです。
食事量の低下が体力、ADL(日常生活動作)の低下に繋がることも少なくありません。

「時間は掛かっても良いから自力で食べられる」
「人に迷惑を掛けずに食事ができる」


というのは、食べる喜び、生きる喜びにも繋がり、精神衛生上、大変重要な点でもあります。

入浴の場面においても、入浴の動作は滑りやすいが服を着ていない状態で行う為、ご本人やご家族が入浴の介助をする時には、ご家族も一緒に転倒する危険が高まります。

「転倒が怖いから入浴を控える」
「家族に迷惑を掛けるから、家族の時間に合わせて入浴しよう」


など、入浴を控えたり、家族や介護者に遠慮をしながら生活を送られている方も少なくありません。

「自分のペースで、食べたいものを、食べたい順番で食べる」「安心して、自分のペースで入浴できる」「自分の着たい服を時間を掛けて、ゆっくり選びたい」「自分で作った料理を、食べたい」 など、健常者では当たり前の動作を、身体機能が低下しても可能な限り続けられるように、生活動作において、様々な自助具を上手く活用することが大切です。

自助具には様々な種類、使い方があります。
当コンテンツでは、様々な自助具をご紹介し、ご使用いただくことで、日常生活のお困りごとを少しでも解決できればと考えております。
最後までお読み頂き、ありがとうございました。
WEBショップAXELで自助具を見る