車椅子の種類と選び方

車椅子にはたくさんの種類があります。
標準的なものから肘掛けが脱着出来るものや片手で操作できるもの、ベルトがついたものや車輪が6つあるものなどなど・・・本当に多種多様です。
全ての機能には意味があるので、それらを理解し使用者にあったものを選ぶ必要があります。

車椅子の種類 ~自走式~

使用者が操作するタイプのものです。
主輪が大きく、操作輪(ハンドリム)が付いているのが特徴です。
また、さらに下記の4つの型に分けられます。
  • 標準型の自走式車椅子

    標準型

    使用者の体型や目的に応じて前座高や座幅を選択できます。

  • モジュール型の自走式車椅子

    モジュール型(多機能型)

    移乗に便利な各種機能を有しています。
    様々なADL状態にもある程度対応することができます。
    本人に合わせたフィッティングが可能でリハビリテーションにもオススメです。

  • 座位変換型の自走式車椅子

    座位変換型

    座面だけでなく、背面でも体重を支える構造のため体圧分散能力に優れます。
    座位変換型は、移乗時に便利な「肘掛け脱着」「肘掛け跳ね上げ」や「脚部スイングアウト(脱着含む)」の機能を持っています。

  • 特殊型の自走式車椅子

    特殊型

    立ち上がり時の転倒事故防止のための自動ブレーキ機能や片マヒの方対応の片手操作のもの、駆動性を高めた6輪駆動などがあります。
    片手操作の車椅子は、右手操作用と左手操作用を選択できます。

車椅子の種類 ~介助式~

介助者が操作するタイプです。
主輪が小さく、操作輪(ハンドリム)は付いていません。
また、自走式と同様で下記の4つの型に分けられますが、機能が違います。
  • 標準型の介助式車椅子

    標準型

    操作性の高いドラム式やバンド式の介助ブレーキ付きがお薦めです。
    また、安定座位のためのシートベルト付きのものは、安全面の観点でも安心できます。

  • モジュール型の介助式車椅子

    モジュール型(多機能型)

    肘掛け跳ね上げ式は、自走式に比べ後輪が小さいためスムースな移乗が可能です。
    脚部スイングアウト式は移乗や前方からの介助がしやすく、足漕ぎリハビリにも便利です。

  • 座位変換型の介助式車椅子

    座位変換型

    座位変換型の特徴に加え、「麻痺」「嚥下・摂食障害」の方の誤嚥防止の観点で、角度可変式ヘッドレストタイプがよりお薦めです。

  • 特殊型の介助式車椅子

    特殊型

    コンパクトサイズにおさまる車載搭載型や、公共の乗り物への搭乗を前提とした簡易車椅子などがあります。

フレーム材質と後輪タイヤの種類

フレーム材質
  • スチール(鉄)フレーム

    スチール(鉄)

    安価ですが、錆びやすく重いです。

  • アルミフレーム

    アルミ

    軽量で錆びにくく、価格も手頃です。

後輪タイヤの種類
  • エアータイヤ

    エアータイヤ

    安価ですが、月に1度程度の空気充填や、メンテナンスが必要です。

  • ノーパンク(ハイポリマー)

    ノーパンク(ハイポリマー)
    タイヤ

    空気抜け・パンクがありませんが、エアータイヤよりも高価です。

車椅子の選定表 ~自走式~

ご希望の商品をクリックすると商品詳細が開きます!

車椅子の選定表 ~自走式~

車椅子の選定表 ~介助式~

ご希望の商品をクリックすると商品詳細が開きます!

車椅子の種類 ~介助式~