1. アズワンバイオサイエンス
  2. スクリーニング・サンプル管理
  3. サンプル自動管理システム comPOUND/arktic

サンプル自動管理システム comPOUND/arktic

2次元バーコードチューブを用いた
サンプル自動管理システム

  • 省スペース
    &高収容
  • サンプルを
    守る安全設計
  • 増設&連結・拡張 可能

省スペース&高収容

ユニット型のサンプル自動管理システムで、ラボの改築を必要とせず、限られたスペースでも、大規模のサンプルマネージメントを実現できます。

comPOUND arktic
ユニットサイズ 120Wx160Dx234H cm/ 1500kg 130Wx800Dx200H cm / 470kg
1.4ml 100,000本 50,000本
1.0ml 100,000本 60,000本
0.5ml 200,000本 95,000本
保管サンプル 血液、血清、血漿、DNAプラスミド、 蛋白質、抗体、酵素 等 血液、血清、血漿、組織、細胞、 DNA/RNA、蛋白、抗体、細菌 等

サンプルを守る安全設計

従来のサンプル管理システムで起こるトラブルとして、サンプルを落下させてしまうリスクがつきまといます。これは、低温環境の中で、サンプルを掴みとり、ロボットアームが上下左右に移動する動作を行う必要があるためです。

comPOUND、arkticはロボット駆動パーツがありません。

独自の回転式カローセル(蜂の巣状に穴の開いた回転棚)に、サンプルチューブを収容し、圧縮(陰圧)空気によるサンプルの搬送を可能にすると同時に、省スペース・高収容、スピーディーなサンプルピッキングを実現しました。

●サンプル倉庫内は、窒素パージ(または乾燥空気)に置換することができ、長期間の保管でもサンプルの劣化を低減します。

●従来のサンプル管理倉庫では、ピッキングをする際に、一度、温度の高い空間に移動してから行う  タイプのものもありますが、comPOUND、arkticは、保管する低温域の環境下で、すべての作業が  行われるため、サンプルの融解のリスクも低減できます。

増設・連結・拡張可能

予算やプロジェクトに応じて、後からサンプル管理数を増やす必要性にも考慮しています。ユニット型のため、簡単に移動、増設ができます。また、各サンプル自動倉庫を連結し、1つのソフトウェア上で情報を管理することが可能です。

異なる部屋、異なるフロア(例:1階と2階)に設置された倉庫を連結管理することも可能です。 ラボ間の歩いて移動することなく、自分のラボにサンプルを送る・戻すことも可能です。

comPILER

最大12台のcomPOUNDシステムから、サンプルチューブを取り出し、融解、遠心、デキャッピング後、連結した装置(分注システム、プレートリーダー等)へ引き渡し、その後、アルゴンガス等でパージしてキャッピング後、comPOUNDに戻すシステムです。

  • comPANION

    複数のcomPOUNDや、arkticを連結します。

  • Lab2Lab

    必要なサンプルを自分のラボや分析室まで搬送することができます。バーコード管理もされます。

  • comSTACKER

    一度に最大10ヶのチューブラックへ必要なサンプルチューブを収納、ピッキングできます。

    動画はこちら

お問い合わせ