アズワンのAXEL > ユーザーインタビュー > サイエンスバー「FRACTAL」

AXEL x User Interview

サイエンスバー FRACTAL

“お客さんに科学の楽しさが伝わった瞬間に、
 すごく、やってて良かったなって感じます。”

AXELのユーザー様を訪問し、色々な事を聞いてみようという当コーナー。
愛知県岡崎市にあるサイエンスバー「FRACTAL」にお邪魔して、オーナーの境様にお話をうかがいました。

FRACTAL外観

1.FRACTALについて

1.FRACTALについて / 2.AXELとアズワンのイメージ / 3.楽しい時とつらい時 / 4.最後に
FRACTALのマスター、境さん

本日はよろしくお願いします。

よろしくお願いします。境です。

お店に入って最初に目に入るのが撮影禁止の実験室というのもそうなんですが、
棚に並んでいるのはお酒じゃなくて試薬瓶だったり、
カウンターにジャングルが組まれていて、バーには見えないですね…。
まず最初に、FRACTALさんの事業内容を教えていただけますか?

1つはこのサイエンスバーです。
バーとサイエンスを融合する事によって、
サイエンスをより身近に感じていただくという事、
正しい知識を学べる場を提供するというコンセプトでやっています。

2つめが教育分野です。
サイエンスショーや高校への出張授業をしています。
また、学校教育で使う薬品や実験器具の販売もしています。

ありがとうございます。
どうしてこういったサイエンスバーを始めようと考えたのですか?

うーん…これ話すと3時間くらいかかってしまうんですよ!(笑)
一言で言うと……科学が好きだったからですね。

僕、ずっとこのサイエンスバーのネタを温めていたんです。
それこそ20歳くらいの時からですね。

ずっと「いつかやりたいな」と思っていたんですが、
自分は社会人に向いてないなと思うタイミングがあったので、
「やろう!」と決めて、そのまま突き進んだという感じです。

その時から、教育の分野もやろうと考えていたんでしょうか。

いえ、最初はバーだけです。
ですが実験室を作って薬品を入れてしまうと、
段々バーなのかなんなのかよくわからなくなってきてしまって(笑)
科学を正しく伝えたいという思いもあったので、
言葉だけでは伝わりにくいものを伝える手段として、
出張授業やサイエンスショーを始めたという感じです。

なるほど。ありがとうございます。

ここから少しAXELの話になりますが、
FRACTALさんには2年ほど前にAXELで沢山ご購入頂いています。

そうですね。
開店する時に、思い切ってまとめて買っちゃいました。
本当に沢山使うので。

使うというのは、主に実験に使うんでしょうか?
それともお店の方で?

当然実験でも使いますし、お店でも使います。
飲食で使うものなので、必ず新品でないといけないというのがあって。

なので、実験室の方は中古のものが一部あったりするのですが、
お店の方はすべて新品で揃えています。

2.AXELとアズワンのイメージ

1.FRACTALについて / 2.AXELとアズワンのイメージ / 3.楽しい時とつらい時 / 4.最後に
境さん

■かゆい所に手が届くアズワン

最初に購入いただいた時の事なんですが、
当時、AXELもまだオープンして間もない頃だったんですね。
どうやってAXELを見つけられたんですか?

一番最初に実験器具を購入した時、
代理店にアズワンさんのカタログをお借りしたんですが、
そこにAXELのPRが載っていて知りました。

カタログからAXELを知って頂いたのですね…。
ちなみにアズワンは元々ご存知でしたか?

アズワンさんは昔から…学生時代から知っていました。

アズワンのイメージってどんな感じですか?

かゆいところに手が届くっていうイメージですね。
キムワイプのホルダーとかも、
クレシアさんがオフィシャルで出す前から売ってましたよね。

出してました。
「なんでこんな値段するんだ!?」っていうものが…

それです(笑)
あとはスターラーにしてもそうですが、
デジタルで誰が使っても正確になるような商品が多いと感じてます。

なるほど。ありがとうございます。

ビーカーに関しては個人的な好みですが、
デザイン的にイワキとか…になりがちです。
値段はアズワンさんのビーカーが安いんですが。

デザインというのは、お店でグラスとして使うにあたって…という事ですか?

そうですね。
イワキ以外だと、うちはコーニング…PYREXが多いです。
ただ、個人的にビーカーはアズワンさんの主力では無いと思っていて。
アズワンさんは研究の支援になる、
設備や機器類に強いイメージがあります。

■AXELの使い方

ところでAXELについてですが、現在でもご覧になられることはありますか?

結構見てますよ! 直近だと先週も見ました。

ありがとうございます。
どういった目的でご覧になられるのでしょうか?

主に相場を調べるのに使っています。
冷却器とか、最近は摺りの実験器具を扱うことが多くなってきたので、
実際どれくらいの値段かっていうのをAXELで調べています。

メーカーを問わずどんな商品でも掲載していますから、
確かに比較してもらうにはいいかもしれないですね。

市場調査という点で、すごく助かっています。

実際にサイトの利用状況を見てみると、
代理店さんに注文する時や情報を集める時に、
「Webカタログ」として使って頂いている人も多いのかなと感じています。

理系の学生さんとかも、
値段を調べるのに使っているかもしれないです。

なるほど。「購入」というよりは「調べる」目的なんですね。

僕、個人的に欲を言ってしまえば、
このお店でお客さんにAXELを見て頂いて、
「もし、このビーカーでコーヒー飲みたいと思ったら
ウチから発注できるよ」みたいな事ができればな…と考えています。

じゃあ、我々がもうちょっと見せ方を工夫しないといけないですね(笑)
セットで簡単に買えるような見せ方とか…。

それすごく思います。
たとえば、ハーバリウムのセットが売っていたら
お店で絶対売れるのにな、なんて、こっそり思っていたりします。

■他のサイトを見なくても済んでしまう

AXEL以外でこういうサイトも見ているよ、というのはありますか?

最近うちはAXELだけですね。
AXELを見れば大体間違いないかなって感じています。

AXELだけなんですか。

以前は他のサイトも色々と見ていたのですが、
それほど値段が変わらないというのと、
結局、僕が欲しい研究用の商品であればアズワンさんに揃っています。

他社さんに載っている商品も、
ほぼアズワンさんから来ているのだろうと感じていて、
そう考えると、AXELを見れば全て事足りるんですね。
なのでめちゃくちゃ助かっています。

配送や梱包などについて、何かご意見やご要望はありますか?

配送はすごく早いです。
ここだと注文した翌日昼過ぎには届けてくれるので、ありがたいです。

梱包については、僕が唯一やらかしかけたのが…。
とてもちっちゃい小物シリーズ。
ダンボールの中で緩衝材に埋もれていたので、
気付かずに危うく捨てそうになることがありました。

側面にテープで貼るとか、ダンボールの中にダンボールで梱包するとか
もう少しわかりやすくして頂けると嬉しいです。

参考にさせていただきます。ありがとうございます。

3.楽しい時とつらい時

1.FRACTALについて / 2.AXELとアズワンのイメージ / 3.楽しい時とつらい時 / 4.最後に
飲み物はビーカーとフラスコで出てきます

お仕事をしていて、「楽しい」と思うのはどんな時ですか?

お客さんに科学が伝わった瞬間です。
科学の楽しさが伝わったな、と思った時に、
すごく、やっててよかったなと感じます。

なるほど…。
では逆に「つらい」と思うのはどんな時ですか?

今だからなんとかやれてはいるんですけれども、
お店の立ち上げ時にAXELでまとめて商品を購入した際、
まだまだ知名度も無いし売上も立っていないのに
翌月には何十万もの請求が来るという現実が恐ろしくて。

ほんとに請求書に震えて、
あんぱん1つを3日にわけて生活したこともありました。
あの時はつらかったです。

4.最後に

1.FRACTALについて / 2.AXELとアズワンのイメージ / 3.楽しい時とつらい時 / 4.最後に
アズワンカラー?カクテル

今後、境さんがやりたい事、
実現したい事などがあれば教えて頂けないでしょうか。

そうですね…
法人とかではなく、
一個人として分子を合成するという事をやりたいです。
もちろん論文も出して、
そのために実験室にドラフトとかNMR装置を入れておきたいなと。

そうなると、研究資金を賄うためにバーをやるみたいな…

そういう側面もあるかもしれません…が、ぜひやりたいですね。

それでは、今後のご活躍を期待しています!
本日はありがとうございました。

ありがとうございました!

今回インタビューにご協力頂いたのは…

サイエンスバー FRACTAL

インタビュー後、少しお店にお邪魔してきました!

ドリンクは「味・色・アルコールの強さ」を選んで、自分で調合します

たまたま「赤」と「緑」を選んでいたので、アズワンカラーができました

液体窒素で凍らされたパイの実やマシュマロ。
特にマシュマロの食感は独特です。ぜひ一度体感してください!

おもむろに科学実験がはじまったり…

流体力学講座が開かれます

ここでしかできない体験ができるサイエンスバー「FRACTAL」さんでした。

所在地:愛知県 岡崎市 羽根町 長田2-1<MAP>
Webサイト:http://fractal-ac.jp/

AXELに会員登録する