先生の教科書

アズワンのAXELショップ > 先生の教科書ページ > スライムを作ろうページ
おもしろい実験や自由研究のテーマをお探しの方に、おすすめできる理科実験をご紹介します!

スライムを作ろう

スライムって簡単に作れるってご存知でしたか?
実際に触ったことのある方、キャラクターだったら知ってるよという方は多いと思います。
今回は洗濯のりとホウ砂を使って、簡単にスライムを作る方法を紹介します。
自由研究や子ども向けの理科実験としておすすめです。
スライムの作り方 / なぜスライムが出来るのか / まとめ / スライムは危険!? / 理科の先生へ
スライムの作り方
準備するもの

プラスチックコップ …2個
・洗濯のり(PVA入り)
・お湯
わりばし 又は ガラス棒
軽量カップ
ホウ砂
絵の具(もしくは食紅)
1.プラスチックコップ①に洗濯のり50mlを入れます。

2.プラスチックコップ①に、水50ml・好きな色の水性絵の具(食紅)を入れ、わりばしでかき混ぜます。
(透明のスライムがいい人は、絵の具(食紅)は入れません。)

3.もう1つのプラスチックコップ②に、お湯25mlとホウ砂を2g程度を入れて、よくかき混ぜます。
 ポイント☆ホウ砂は良く溶かしましょう。溶け残りがあって大丈夫です。
4.コップ①に、コップ②に入っているホウ砂水を少し(スプーン1杯程度)入れ、わりばしで良く混ぜます。
 ポイント☆溶け残っているホウ砂はなるべく入れない方が良いです。
5.少し水っぽいくらいに全体がまとまったら、しばらく置いておきます。
6.コップから出して、良くもみます。これで完成です!
  完成したスライムを持ち帰るときには、チャック付きビニール袋が便利です☆
※ぜったいに、口や目に入れないでください!
※スライムは、人に向かって投げないでください!
手順のおさらい
1.プラスチックコップ①に洗濯のり50mlを入れます。
2.プラスチックコップ①に、水50ml・好きな色の水性絵の具(食紅)を入れ、わりばしでかき混ぜます。
(透明のスライムがいい人は、絵の具(食紅)は入れません。)
3.もう1つのプラスチックコップ②に、お湯25mlとホウ砂を2g程度を入れて、よくかき混ぜます。
  ポイント☆ホウ砂は良く溶かしましょう。溶け残りがあって大丈夫です。
4.コップ①に、コップ②に入っているホウ砂水を少し(スプーン1杯程度)入れ、わりばしで良く混ぜます。
  ポイント☆溶け残っているホウ砂はなるべく入れない方が良いです。
5.少し水っぽいくらいに全体がまとまったら、しばらく置いておきます。
6.コップから出して、良くもみます。これで完成です!
  完成したスライムを持ち帰るときには、チャック付きビニール袋が便利です☆
注意事項
ホウ砂には多少毒性があるので、取り扱いには注意してください。
誤って口にいれたり、ホウ砂を触った手で目をこすったりしないようにご注意ください。
スライムで遊んだあとは、手を洗ってください。
※自由研究等で自宅で作るには、大人の方と一緒につくりましょう。
なぜスライムが出来るのか -解説-
洗濯のりとホウ砂水を混ぜることで、簡単にスライムが完成します。
ホウ砂には、洗濯のりの中の成分PVA(ポリビニルアルコール)同士をつなぐ働きがあるからです。
ホウ砂水の量でスライムの硬さが変わりますので、固めのスライムを作るときにはホウ砂水を少し追加してみてください。 スライムの作り方 / なぜスライムが出来るのか / まとめ / スライムは危険!? / 理科の先生へ
まとめ
スライムは材料を混ぜるだけで簡単に作ることができます。
絵の具の色を変えれば、いろいろな色のスライムが作れますし、砂鉄と混ぜると磁石にくっつくスライムも作れるので、いろんなスライムを作るのもおもしろいですよ。
材料も簡単に用意できるので、家庭でも理科実験が出来ます。
自由研究のテーマや、簡単な理科実験としてもおもしろいので、是非ためしてみてください。
スライムの作り方 / なぜスライムが出来るのか / まとめ / スライムは危険!? / 理科の先生へ
スライムは危険!?
スライムの見た目はグロテスクですが、簡単に実験で作ることが出来て、触ると不思議な感覚のため、子どもにとってはおもちゃのようなものです。
夏休みの自由研究や、ちょっとしたイベントで体験実験を催されることもしばしば…

ただ、注意して頂きたいのは、誤って口に入れたり、触った手で目をこすったりしてはいけません!
スライムを作るときに使う「ホウ砂」が危険なのです。
●ホウ砂とは・・・
化学組成は Na2B4O5(OH)4・8H2O(四ホウ酸ナトリウム十水和物)
水溶液は弱アルカリ性となり、洗浄作用・消毒作用があるため、洗剤や防腐剤・医薬品などに使われます。
予想される症状として、皮膚に接触した場合は皮膚の乾燥・発赤・痛み、目に入った場合は発赤・赤み、飲み込んだ場合は腹痛・下痢・頭痛・吐き気・嘔吐などが上げられます。
ホウ砂が皮膚に付着したときには、水と石鹸で良く洗ってください。
目に入った場合には、水で15分以上洗い流してください。
症状によっては、病院にいき、お医者さんの診断・手当てを受けるようにしてください。

スライム作りの後にホウ砂水が余った場合は、大量の水道水で薄めて流してくださいね。
また、1回スライムを作ったくらいでは、ホウ砂が大量に余ってしまうと思うので、保管にも十分ご注意ください。

ホウ砂には毒性がありますので、子どもだけで使うことなく、取扱いには十分気をつけて、スライムを作ってみてください!
スライムの作り方 / なぜスライムが出来るのか / まとめ / スライムは危険!? / 理科の先生へ
理科の先生へ
溶ける量などは、温度や湿度によって変わります。
理科の授業で実験する際には、予備実験をすることをおすすめします。
時間があまりないときには、計量する時間を短縮するために、あらかじめコップに線を引いておいたり、ホウ砂水をグループ分まとめて作っておいたり等、準備しておくと良いです。
洗濯のりがスライムのように変化するところを体感してもらい、理科のおもしろさを伝えましょう。
スライムの作り方 / なぜスライムが出来るのか / まとめ / スライムは危険!? / 理科の先生へ