アズワンのAXELショップ > SANIFOODSトップ > 食品微生物検査の手順(検体前処理)

 

食品微生物検査の手順
(検体前処理)

検体前処理のやり方

<検体採取>

検査対象となる検体を無菌的に採取します。
滅菌済みのピンセットやスプーン、ハサミ、サンプル容器を使って検体(食材)を無菌的に採取します。
サンプル容器には「製品名」「製造日」「ロット番号」など、必要事項を記入しておきます。
同じ容器に入れる検体は同じロット番号の製品のみを無作為に採取します。
検体採取後は速やかに検査を行いますが、運搬が必要なときは、腐敗しやすい検体は4℃以下に保持します。
冷凍食品は凍ったまま運搬します。
検体を採取する量、検体数はロットの大きさによって異なります。
検体採取のイメージ

<検体秤量・希釈>

検体を一定量秤量し、滅菌済みの希釈液を分注します。
検体を滅菌済みスプーンなどで混合、粉の場合は容器を良く振って均一化し、食品検査用フィルターバッグに10gもしくは25g採取します。
滅菌希釈液を加えて希釈します(10倍希釈液の調整の際、検体が10gの場合は90ml、検体が25gの場合は225mlの滅菌希釈液を加えます)。
希釈液は、検体や対象菌種により、滅菌済みのリン酸緩衡生理食塩水、生理食塩水、ペプトン加生理食塩水などを使用します。
フィルターバッグと天秤用スタンド
  • フィルターバッグを天秤用スタンドで立てかけておくと便利です。

検体投入イメージ
  • フィルターバッグの口の大きな方に、滅菌済みのピンセットを使って検体を投入します。

フィルターバッグに滅菌希釈液を加える
  • 検体の入ったフィルターバッグに減菌希釈液を加えます。

<ホモジナイズ>

検体希釈液を混合します。
検体の状態によっては30秒~2分間ホモジナイズします。
野菜など繊維質の多いものや、カマボコなど弾力性のあるものは繊維が残ったり、混合されない場合もあります。
混合したものを「検体液(10倍希釈液)」とします。

<段階希釈>

検体液から段階希釈液を調整します。
検体液(10倍希釈液)を9mlずつ分注した滅菌希釈液に1ml加え、振とうして100倍希釈液を調整します。
さらに、希釈するときは、9mlの滅菌希釈液に100倍希釈液1mlを加えて1,000倍希釈液とします。
必要に応じて10,000倍希釈液を調整します。
調整したものを「段階希釈液」とします。
段階希釈液を調整するときは、各希釈液ごとにチップを換えます。
ピペットで検体液を1ml分注
  • フィルターバッグからピペットで検体液を1ml分注します。

滅菌希釈液の分注
  • 9mlの滅菌希釈液に検体液(10倍希釈液)を1ml加えて振とうします。(⇒100倍希釈液)
    さらに100倍希釈液1mlを、9mlの滅菌希釈液に分注します。(⇒1000倍希釈液)

微生物検査を始めたい企業様へ

微生物検査を始めたい、はじめなければいけないという企業様は是非、DDSをご検討ください。
食品微生物検査キットDDSマスターⅢは、微生物検査に必要な機器を取り揃えた初歩的なキットです。
D(どこでも)、D(誰でも)、S(すぐできる)の名の通り、初めての方でも簡単に微生物検査が行えます。
このセットを使用すれば限られたスペースでも自主検査(微生物検査)がスタートできます。
※DDSキットは5~10検体/日の検体数を目安にしております。
それ以上の検体数や、検査する対象の菌種が多岐にわたる場合、ご相談ください。

微生物検査に関して、まずはお問い合わせください

検査をしたことがないけど検査をしたい、スペースがない、どうやって検査を初めていいかわからない、何から手をつけたらいいかわからない、そんな方はまずはご相談ください!!