アズワンのAXELショップ > 職場の保健衛生対策はできていますか?

職場の保健衛生対策はできていますか?

今から始めるBCPのマネジメント

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介
地震や台風など自然災害が多い日本では、災害時の被害を抑え事業を迅速に再開させるためのBCPの策定が重要です。
また近年では自然災害以外にも、新型コロナウイルス感染症やインフルエンザの流行に備え、感染予防など保健衛生対策の強化が求められています。
BCPとは
「Business Continuity Plan」の略称。
企業が①自然災害・テロ攻撃などによる被害を最小限に抑え早期復旧を可能とする、②感染症の感染拡大を抑制し事業を継続するために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法・手段などを取り決めておく計画のことです。

BCPのマネジメント(Business Continuity Management)を行いましょう

さまざまなリスクに対処し、事業継続するための「重要業務の選定」や「危機発生時の対応策」をBCPとして策定した後も、定期的なマネジメントが必要です。
自社を取り巻く環境は絶えず変化しています。BCPをより実践的なものとするため、社会・経済状況に応じた対応策を強化しましょう。

BCPに保健衛生管理の観点もプラス

従来の自然災害だけでなく、インフルエンザやノロウイルスなどの感染症流行も大きなリスクとなります。
既存のBCPとの整合性を十分に検証し、予防対策や従業員への心のケアなど保健衛生管理の観点をプラスしましょう。

想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介

考察1

感染症の流行では、通常業務が急減することはないが、対応可能な業務量が徐々に減少することが予想されます。

考察2

*感染症予防が被害抑制につながる
*正確な情報を的確に入手。その都度、的確に判断する
*事業継続には人材確保が大きな問題です

新型インフルエンザのリスク特性

※表は<< スワイプ >>して確認してください。
項目 地震災害 新型インフルエンザ
事業継続方針 事業の継続・早期復旧を図る 感染リスク、社会的責任、経営面を勘案し業務継続のレベルを決める
被害の対象 主に施設・設備など、社会インフラへの被害が大きい 主に人への健康被害が大きい
地理的な
影響範囲
地域的・局所的
(代替施設での操業や取引事業者間の補完が可能)
国内全域、全世界的
(代替施設での操業や取引事業者間の補完が不確実)
被害の期間 過去事例などからある程度の影響が想定できる 長期化すると考えられるが、不確実性が高く影響の予測が困難
被害発生と
被害制御
兆候なく突発的に起こる。
被害量は事後の制御不可能
海外で発生した場合、国内発生までの間に準備が可能。被害量は感染防止策に左右される
事業への影響 事業を復旧すれば業績回復が期待できる 集客施設等では長期間利用客などが減少し、業績悪化が懸念される

災害と新型インフルエンザ等の発生後業務量の時間的経過に伴う変化

※画像は<< スワイプ >>して確認してください。

感染症BCPで整備する項目

①迅速な意思決定が可能な体制を確立
②従業員や訪問者、利用客などを守る感染防止策を実施
③事業継続の検討・計画策定

何より、個人個人が、そして企業として感染症予防対策に取り組むことが最も大切です。

職場における感染予防/拡大防止のポイント

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介

感染防止のための基本的な考え方

1. 感染症の蔓延防止

2. 事業を通じた社会貢献

感染症が流行した際、企業は政府が示す対処方針の趣旨・内容を十分に理解した上で、個々のオフィスの様態などを考慮した創意工夫を図りながら感染予防に取り組むことが求められます。

企業で取り組む対策

◆危機管理体制の確立

□ 経営トップが率先し、感染防止のための対策の策定を検討できる体制の整備(経営陣の衛生委員会への参加、緊急時の衛生委員会の開催回数を増やすなど)
□ 産業医と密に連絡を取れる体制づくり
□ 各職場の感染に関する連絡・状況把握の“窓口”となる部署を決め周知
□ 窓口で把握した全ての情報を集約する部署の決定と周知
□ 感染症に関する情報の定期的な発信体制の確立(メーリングリストの作成など)
□ 取引事業者への連絡窓口の取り決めと周知

◆適切な情報収集

□ 公的な情報サイトより適切な情報をこまめに収集(国立感染症研究所、厚生労働省、内閣府などのホームページ)

◆予防対策

□ 始業時、休憩後など定期的な手洗いの徹底と、注意喚起や掲示の実施
□ ソーシャルディスタンスを保てるよう、人員配置について最大限の見直しを行う(広めの座席配置、アクリル板の仕切りの設置、対面を避け斜めや横に座る、休憩時間の幅を広げる、オンライン会議・テレワークを検討するなど)
□ 外勤や出張時に、面会相手や時間、経路、訪問場所などを記録
□ 1時間に2回以上、窓を開け換気
□ 備品としてマスク、手洗い用石鹸、消毒液などを一定数備える
□ 共有する物品は、定期的に消毒(机、ドアノブ、スイッチ、階段の手すり、テーブル、イス、エレベータのボタン、トイレの流水レバー、便座など)
□ ゴミはこまめに回収し、ふた付きごみ箱を設置

個人でできる対策

□ 出勤前に体温や感染の症状がないか確認
□ 咳・くしゃみエチケットを徹底
□ 勤務中はマスクを着用(マスクはできる限り、1日に1~2回は交換)
□ 飲食時や共用部分の利用は時間をずらす
□ 公共交通機関のラッシュの時間帯を避けるなど、人混みに近づかない
□ トイレは蓋を閉めて流すことを徹底
□ 体調が思わしくない場合は無理せず休む

もし感染が疑われたら

□ 感染者の行動範囲を踏まえ消毒を行う(希釈した次亜塩素酸ナトリウム溶液や塩素系漂白剤のほか、イソプロパノール、消毒用エタノールなど)
□ 保健所の指示に従う(同ビル内の他社の従業員の感染が確認された場合も同様)
□ 同勤務場所の従業員の自宅待機を検討
□ 個人情報保護と公衆衛生上の必要性を考慮しつつ公表(感染者の個人名が特定されないよう配慮し、同ビルの他社には伝え感染拡大を防ぐ)

感染症予防の基本

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介

基本1 手指消毒

手洗いが難しい環境では、手指消毒も感染予防に有効です。消毒液による手洗いも、石鹸による手洗いと同じ手順で30秒以上行いましょう。

エタノール含有消毒薬による手指消毒

  • 手指消毒のイメージ1

    十分な量を手のひらに取る

  • 手指消毒のイメージ2

    手のひらをこすり合わせる

  • 手指消毒のイメージ3

    手の甲を合わせてすり込む

  • 手指消毒のイメージ4

    指先・爪の間にすり込む

  • 手指消毒のイメージ5

    指の間にすり込む

  • 手指消毒のイメージ6

    親指をねじり合わせてすり込む

  • 手指消毒のイメージ7

    手首にすり込み、十分に乾燥したことを確認します(石鹸と流水による手洗いの場合も、ペーパ-タオルでしっかり水分をふき取ります)

ご注意ください!

基本2 マスクの着用

  • マスク着用のイメージ1

    マスクの正しい向き

    ワイヤー部分を上に、プリーツが下向きになる方が表です
    マスクの真ん中(ワイヤー部分)に折り目を入れて上下に広げる

  • マスク着用のイメージ2

    マスクの付け方

    鼻と口を確実に覆う。
    鼻の部分を押さえてフィットさせ、マスクに手を添わせ隙間を作らないように調整する

  • マスク着用のイメージ3

    マスクの外し方

    ゴムの部分を持って外し、表面には触れない
    ふた付きのごみ箱や袋に入れて捨て、外した後は手洗いを行う(30秒以上)

基本3 咳・くしゃみエチケット

・他人から顔をそむけ、できる限り 1~2m離れる
・口を押さえた手や腕は直ぐに洗う
・袖口等は直ぐにアルコール消毒をする

感染症についての基礎知識

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介

季節性インフルエンザとは

原因

インフルエンザウイルスによる感染。

症状

38℃以上の高熱、頭痛、筋肉・関節痛、全身の倦怠感が急激に現れる。

感染経路

飛沫感染と接触感染。

予防方法

流行前のワクチン接種が有効。手洗いやアルコール製剤による手指消毒も有効。

ノロウイルスとは

原因

ノロウイルスによる食中毒。人の小腸粘膜で増殖し、潜伏期間は1~2日。

症状

吐き気・嘔吐・下痢・腹痛。軽度の発熱(37~38℃)。主に11月~3月にかけて流行のピークとなり「冬の食中毒」と言われる。感染しても発症しない、軽い風邪のような症状もある。

感染経路

カキなどの二枚貝や井戸水を十分に加熱、消毒せずに飲食する。感染者の糞便や吐しゃ物から人の手を介して感染。患者の咳・くしゃみによる飛沫感染。感染者の調理による食品の汚染。

予 防 法

普段から食べ物や家族の健康状態に注意。手洗いや手指消毒をこまめに行う。
調理器具などは塩素消毒(塩素濃度200ppm)、または熱湯・加熱消毒(85~90℃で90秒間以上加熱)
空気中に浮遊したウイルスを吸い込まないようにマスク着用。

感染予防・対策製品のご紹介

今から始めるBCPのマネジメント / 想定されるリスクの違いを比較 ~自然災害と感染症のリスク~ / 職場における感染予防/拡大防止のポイント / 感染症予防の基本 / 感染症についての基礎知識 / 感染予防・対策製品のご紹介

■環境対策

オゾン・紫外線殺菌器

GM-Clean50

GM-Clean50

ウイルス除去・除菌力、消臭力に優れています。
詳細はこちら
消毒マット(耐薬仕様)

消毒マット(耐薬仕様)

靴底を消毒する事で、建物内への菌の持ち込みを防ぎます。
詳細はこちら

ソーシャル
ディスタンス品

ビニールシート 厚手タイプ

ビニールシート 厚手タイプ

材質:PVC(塩化ビニル樹脂)
詳細はこちら
ソーシャルディスタンスステッカー

ソーシャルディスタンスステッカー

行列などの足元に必要な間隔を開けて貼り付けることで、ソーシャルディスタンスを明示できるステッカーです。
詳細はこちら

嘔吐物処理・リネン関連

嘔吐物処理セット

嘔吐物処理セット

除菌剤バリアスワンを中心に食中毒ウイルス対策に必要な用品が揃っており、安全な嘔吐物の処理が手早く可能。
詳細はこちら

備品・消耗品

アズワンのペーパータオル

アズワンのペーパータオル

再生紙を100%使用したやわらかな風合いのペーパータオルです。
詳細はこちら

■個人対策

マスク・手袋・ガウン

サニメント手袋(PE厚手タイプ)

サニメント手袋(PE厚手タイプ)

ディスポタイプで、強力なシール加工。
詳細はこちら
N95マスク(NIOSH認証)

N95マスク(NIOSH認証)

米国規格NIOSH認証のN95マスクです。
詳細はこちら

手指消毒剤

手指消毒用エタミスト

手指消毒用エタミスト

エタノール配合で速乾性に秀でています。
詳細はこちら
ウィル・ステラVH

ウィル・ステラVH

ノンエンベロープウイルスを含む幅広い微生物に対して効果のある手指消毒剤です。
詳細はこちら

メガネ・ゴーグル類

フェイスシールド サイズフリー

フェイスシールド サイズフリー

衛生的な個包装です。
パッド部は厚みがあり、切込みが入っておりますので快適に着用いただけます。
詳細はこちら

サーモグラフィー・非接触体温計

非接触体温計(フォラケア・サーフスキャン)

非接触体温計(フォラケア・サーフスキャン)

物体の表面温度も測定可能です。
おでこで1秒で測定(口腔温に換算)
詳細はこちら

テレワーク支援

カラー液晶モニター

カラー液晶モニター

周囲の明るさを感知し、画面の明るさを自動で調整します。
詳細はこちら
ヘッドセット

ヘッドセット

音をクリアに伝える、ノイズキャンセリングマイク搭載ヘッドセット。
詳細はこちら