アズワンのAXELショップ > インフルエンザを知り、対策しよう

インフルエンザを知り、対策しよう

インフルエンザとは

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザとはインフルエンザウィルスによる感染症のことをいいます。
大きくわけてA型、B型、C型に分けられ、毎年人の間で流行するのはA型とB型のウィルスといわれています。
また、A型は哺乳類、鳥類にも感染しますが、B型は人だけにしか感染しません。
そしてインフルエンザには風邪と違って季節性があります。
流行時期は主に12月~3月といわれており、この時期は感染の恐れがあるので注意が必要です。

インフルエンザの症状、風邪との違い

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザは以下の2点が特徴的といわれています。

急激な症状の進行

風邪は基本的に緩やかに症状は進行します。 症状としては微量の発熱(37から38℃)、喉の痛みや咳、くしゃみ、鼻水が出たり鼻が詰まったりなど比較的軽度です。
しかしインフルエンザは、 1~3日の潜伏期間を経て、急激に症状が進行します。
38℃以上の高熱や全身の倦怠感などが一気に襲い掛かってきます。

症状が全身に及ぶ

風邪の症状が軽度なものに対し、インフルエンザは風邪に似た症状と共に倦怠感や筋肉痛、関節痛などが全身に広がります。
インフルエンザの型にもよりますが、頭痛食欲不振を伴うこともよくあります。

また、合併症として中耳炎、気管支炎、肺炎、重大なものにはインフルエンザ脳症というものがあります。
この脳症を発症すると、意識障害、けいれん、異常行動などの神経症状を伴います。
また、臓器が通常通り機能しない、血管が詰まるなどの症状もあり、大変に危険です。
この脳症は主に幼児や高齢者が発症すると言われていますが、稀に成人も発症することがあるようなので十分に注意してください。
少しでも疑われる症状が出た場合はすぐに病院に行ってください。

インフルエンザの感染経路

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザウィルスは呼吸とともに体内に入り込み感染します。
よって感染経路としてあげられるのは「人」となります。
インフルエンザに感染した人の咳やくしゃみなどで舞ったウィルスを吸い込むことにより感染するので、人が密集するところでは注意が必要です。
電車や繁華街、学校や会社などではマスクなどをして予防するように心がけましょう。

インフルエンザへの感染対策

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染対策 / もしインフルエンザに感染したら

■ウィルスが繁殖しない環境つくり

インフルエンザウィルスは乾燥に強く、また、乾燥することにより気管支の防御能力が低下するため、一定の湿度(約40%ほど)を保つことが必要となります。
また、殺菌消毒によりウィルスが繁殖できない環境を作ることも大事です。
繁殖を防げば、感染の確率も減ります。
ある程度湿度が担保された、ウィルスのいない環境を心がけましょう。

■ウィルスの体内進入を防ぐ

前述の通り、インフルエンザウィルスは呼吸から体内に入り込みます。
よって体内進入を防ぐ対策としてはマスクが最も有効でしょう。
また、感染拡大を防ぐためにもマスクは利用されます。
(この他の人への感染を防ぐ取り組みを「咳エチケット」といいます)

自身の感染、人への感染を防ぐ対策としてマスク利用の検討をしてみてください。
また、未然にインフルエンザへの感染を防ぐための手段として、インフルエンザワクチンを用いた予防接種もあります。
このワクチンを接種することによりインフルエンザに対する抗体が出来、感染しにくくなります。
また、たとえ感染しても、症状の重症化を防ぐ効果があります。

※医師の診断によって接種できない場合があります。接種をご希望の方は一度医師にご相談ください。

もしインフルエンザに感染したら

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染対策 / もしインフルエンザに感染したら
もし上記した症状を感じたり、別の理由でインフルエンザの感染が疑われる場合、速やかに病院に行き、診断を受けてください。
もし感染していた場合は医師の指示に従い、最低5~7日は療養してください。
また、ほとんどの場合高熱が出るので、体を冷やすことも大切になります。
また、体内でインフルエンザウィルスが増えるのを防ぐ、抗インフルエンザウイルス薬というものもあります。
こちらは受診後インフルエンザへの感染が確認できた場合に医師から処方されます。
インフルエンザにかかった場合はこの薬を飲み、安静にしてください。