アズワンのAXELショップ > インフルエンザを知り、対策しよう

インフルエンザを知り、対策しよう

インフルエンザとは

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染予防対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザとはインフルエンザウイルスによる感染症のことをいいます。
感染力が非常に強く、高齢者や慢性疾患を持っている方などは重症化しやすいのが特徴です。
大きくわけてウイルスの型はA型、B型、C型に分けられ、毎年人の間で流行するのはA型とB型のウイルスといわれています。
また、A型は哺乳類、鳥類にも感染しますが、B型は人だけにしか感染しません。
そしてインフルエンザには風邪と違って季節性があります。
流行時期は主に12月~3月といわれており、この時期は感染が拡大し、インフルエンザ感染症が大流行する恐れがあるので注意が必要です。
また、インフルエンザ感染症は非常に感染力が強いものとなります。
気づいたら家族全員がインフルエンザ感染症になっていた・・・というケースも少なくありません。

インフルエンザによる感染症は最悪の場合、死に至る可能性もある恐ろしいものですが、しっかりとした感染予防を行えば感染、流行を避けることができます。
まずはインフルエンザによる感染症を知り、症状や感染経路、流行するケースなどを理解して感染予防・対策をしていきましょう。

インフルエンザの症状、風邪との違い

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染予防対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザによる感染症は以下の2点が特徴的といわれています。

急激な症状の進行

風邪は基本的に緩やかに症状は進行します。
微量の発熱(37から38℃)、喉の痛みや咳、痰が詰まることによる咳払い、くしゃみ、鼻水が出たり鼻が詰まったり(はじめはサラサラとした鼻水、後半はネバネバする)などの症状が比較的軽度に現れます。
しかしこの感染症は、 1~3日の潜伏期間を経て、急激に症状が進行します。
38℃以上の高熱や全身の倦怠感、人によっては激しい咳などが一気に襲い掛かってくる攻撃性の高い感染症となっています。

症状が全身に及ぶ

風邪の症状が軽度なものに対し、インフルエンザによる感染症は風邪に似た症状と共に倦怠感や筋肉痛、関節痛などが感染者の全身を襲います。
ウイルスの型にもよりますが、ひどい頭痛や咳、鼻水も後半からひどくなるといわれており、また、食欲不振を伴うこともよくあります。
一度インフルエンザ感染症に感染すると、自然治癒は望めないので、医療機関にて医師の診断を受けてください。
また、あまりに高熱が出ると、全身が痛みで動けなくなる可能性や、咳をするだけで頭が割れるような頭痛を引き起こすこともあります。

非常に強い感染力

風邪よりも非常に感染力が強く、咳などによる飛沫感染や接触感染で人の体内にすぐに入り込み、大流行を引き起こす可能性があります。

そしてこの感染症には恐ろしい合併症があるのも特徴の一つです。 主に中耳炎、気管支炎、肺炎、重大なものにはインフルエンザ脳症というものがあります。
この脳症を発症すると、意識障害、けいれん、異常行動などの神経症状を伴います。
また、臓器が通常通り機能しない、血管が詰まるなどの症状なども起きる可能性があり、大変に危険です。
この脳症は主に幼児や高齢者が発症すると言われていますが、稀に成人も発症する可能性があるようなので十分に注意してください。
少しでも疑われる症状が出た場合はすぐに医療機関にて診察を受けてください。
高熱に襲われるイメージ

インフルエンザの感染経路

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染予防対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザによる感染症の感染経路としてあげられるのは「人」となり、主に飛沫感染によってインフルエンザは流行していきます。
もう少し詳しく説明すると、インフルエンザ感染はウイルスが呼吸とともに体内に入り込み発生します。
インフルエンザ患者の咳や咳払い、くしゃみ、呼吸などで舞ったウイルスを吸い込むことにより飛沫感染する可能性が大いに高まるので、人が密集するところでは注意が必要です。
主に電車や繁華街、学校や会社など人が集まるところがインフルエンザ大流行の可能性がある、発信地となります。
そういった場所に赴く際はマスクなどをしてウイルスが口から体内に入らないように飛沫感染対策をしてください。
特に咳をしている人などには注意を払ってください。
また、感染者が触った物などにもウイルスが付着している可能性があり、接触感染する恐れがあるので直接手で触れないようこれも注意が必要です。
咳から感染するイメージ

インフルエンザへの感染予防対策

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染予防対策 / もしインフルエンザに感染したら
インフルエンザ感染症の流行を防ぐためには、健常者、すでに感染している患者の一人一人が意識をもって感染予防を徹底して行う必要があります。
感染予防に難しいことは何一つなく、誰でも簡単に出来、かつ、低コストなものが多いので、積極的に感染予防に取り組んでいきましょう。
これらはインフルエンザ感染症の大流行を防ぐ最良の手立てとなります。

■感染予防で最も大切なのは手洗い・うがい

基本的なことですが、手洗いうがいはインフルエンザウイルスに物理的に有効です。
室内に戻った際は忘れずにしっかりと手洗いうがいを行い感染予防をしましょう。
これでインフルエンザ患者からの飛沫感染、接触感染の可能性を下げることができます。
感染者の方もインフルエンザの流行を避けるために、手洗い・うがいはしっかり行いましょう。
下記に関連品の情報を記載しますので、お役立てください。
手洗い・うがいのイメージ

■ウイルスが繁殖しない環境つくり(接触感染を防ぐ)

インフルエンザウイルスは乾燥に強く、また、乾燥することにより気管支の防御能力が低下するため、一定の湿度を保つことが必要となります。
加湿器などで室内を加湿し、湿度40%以上の環境を作ってください。
また、物への消毒手指の消毒も接触感染予防につながるのでインフルエンザウイルスには有効です。
しっかりと消毒を行い、感染予防をしましょう。
特に職場・オフィスなどは多くの人が集まる場所なので、感染症を流行させないためにもこれらの感染予防対策を取り入れることをお勧めします。
加湿器で加湿するイメージ

■ウイルスの体内進入を防ぐ(飛沫感染を防ぐ)

前述の通り、インフルエンザウイルスは患者の呼吸や咳、咳払いなどによる飛沫で口に入り、そして体内に侵入します。
よって体内進入を防ぐ対策としてはマスクが最も有効でしょう。
マスクは物理的に口や鼻からのウイルス侵入を防ぎます。
また、ウイルスの流行を防ぐためにもマスクは利用されます。
(この咳や咳払いによる他の人への感染を防ぐ取り組みを「咳エチケット」といいます)
感染者、健常者双方が装着することで感染予防対策となるのでマスクの利用を心がけましょう。

また、感染者の咳は広範囲にウイルスをばら撒くため、感染者から距離が遠く離れていたとしても例えば同じフロアにいたりすれば、感染の可能性は十二分にあります。
 もしも見える範囲に感染者がいる場合はマスクを装着しましょう。  
マスク着用のイメージ

インフルエンザワクチンを用いた予防接種について

未然にインフルエンザ感染症を防ぐための手段として、インフルエンザワクチンを用いた予防接種があります。
このワクチンによる予防接種が開始されてから、インフルエンザの流行は大幅に減ったそうです。

インフルエンザワクチンとは

インフルエンザワクチンとは、ワクチン製造用のインフルエンザウイルスを処理して作られた薬剤です。
このワクチンを投与することで体内にウイルスに対する抗体を作り、インフルエンザウイルスに感染しにくくさせます。
たとえ感染しても、予防接種の効果により症状の重症化を防ぐことができます。

インフルエンザワクチンの弱点

インフルエンザワクチンの弱点は、100%インフルエンザウイルスを防ぐことができない点です。
ワクチンはシーズンになると世界保健機構(WHO)がデータを集め、その内容を元にインフルエンザ株を決定します。
そちらを元にワクチンを作るのですが、A型インフルエンザウイルスだけでも140種類以上の種類があり、しかも日々部分的に変化しているため、完璧には防ぎきれないのが現状となっています。 ですが重症化や流行をある程度防ぐことは出来るため、予防接種の実施は必要とされているのです。

集団予防接種について

現在インフルエンザウイルスは、高齢者にとって最も危険なものと言われており、また、これまで一度もインフルエンザウイルスに感染していない小学児童が最もインフルエンザにかかりやすいといわれているため、インフルエンザウィルス流行の発信地は小学校といわれています。
よって小学校や介護施設などでは集団予防接種を積極的に取り入れているようです。
また、企業によっても集団予防接種を推奨し、費用を負担してくれるところもあるようなので、一度お勤め先に確認を取ってみると良いでしょう。
予防接種はインフルエンザの流行を防ぐもっとも確実な方法の一つですので、受けることをお勧めします。
※医師の診断によって予防接種を受けられない場合があります。予防接種をご希望の方は一度医療機関にご相談ください。
※体質やワクチンの種類によっては腫れ、かゆみ、痛みが伴う可能性があります。そういった場合も医療機関の担当者にご相談ください。
※ワクチン接種を行うことによって、人によっては発熱する場合があるようです。その場合は速やかに医療機関の診断を受けてください。
※ワクチン接種はインフルエンザ患者には効力がないので、必ず発症する前に接種してください。
※予防接種には相性の悪い、効力を薄めるようなお薬が存在します。もし何かしらのお薬を飲んでいる方は、一度医療機関の担当者にご相談ください。
インフルエンザワクチンを用いた予防接種のイメージ

※ワクチンを使用した予防接種を受けた方へ

前述の通り、予防接種には「感染しても重症化しない」という利点があるのですが、今この利点が問題になっているようです。
予防接種の効果により重症化しにくいために高熱が出ず、インフルエンザ感染症の患者となっているのに、気づかない人が続出しているとのこと。(こういった方々を「隠れインフルエンザ」というようです)
そしてご家族や周りの人にウイルスを撒き散らし、感染の流行を手助けしてしまっているようなのです。
軽症のインフルエンザの症状は風邪に酷似しているため、自己判断は禁物です。
もし少しでも疑わしい症状が出た場合、まずウイルスを流行させないためにすぐにマスクを装着して、外出の際などには手洗いうがいを忘れないよう心がけ飛沫感染、そして接触感染を防ぎましょう。
そして自身で判断せず、医療機関にてインフルエンザの感染検査を受けてください。

ワクチンにより生成された抗体がウイルスの侵入を阻止する確率は約50%ほどだと言われています。
ワクチン接種はあくまでインフルエンザに感染しにくくするもので、完璧に防げるものではないということをお忘れなきようお願いします。
ワクチンを過信しすぎず、医療機関にて判断を仰ぎましょう。

もしインフルエンザに感染したら

インフルエンザとは / インフルエンザの症状、風邪との違い / インフルエンザの感染経路 / インフルエンザへの感染予防対策 / もしインフルエンザに感染したら
もし上記した症状を感じたり、その他何かしらの理由でインフルエンザの感染が疑われる場合、速やかに医療機関にて診断を受けてください。
感染者となってしまった場合は患者として医師の指示に従い治療を受け、最低5~7日は療養してください。
また、ほとんどの場合高熱が出るので、感染者の方は重症化させないための対策として体を冷やすことも大切になります。
また、インフルエンザ患者は感染の流行を防ぐことも忘れてはいけません。
飛沫感染、接触感染を防ぐために、口にはマスク、触れたものは消毒を行い、定期的に手洗いうがいを行いましょう。
十分な睡眠のイメージ
また、体内でインフルエンザウイルスが増えるのを防ぐ、抗インフルエンザウイルス薬というものもあります。
こちらは受診後インフルエンザ感染者と診断された場合に医師から治療の一環として処方されます。
感染者の方はこの薬を飲み、安静にしてください。
ただし注意が必要なのが、この抗インフルエンザウイルス薬はすぐに効果が現れるため、数日経つと症状はほとんど感じなくなります。
しかし実際のところ、ウイルスはまだ体内に潜んでいるので、くれぐれも完治したと勘違いをしてはいけません。
もし医療機関の判断なしに抗インフルエンザウイルス薬を飲むのをやめたり、外出などをすれば、症状の再発やインフルエンザ感染症の流行を手助けすることになってしまいます。
くれぐれも勝手な判断をしないようにしましょう。
インフルエンザ患者の方は自身が「感染者」であることをまず自覚し、5~7日しっかりと安静にし、その後医療機関にて判断いただきましょう。
また、前述したように感染拡大を防ぐことも大切です。
「咳エチケット」を意識し、常にマスクを装着して他の方に移らないよう心がけましょう。

また、厚生労働省のホームページにインフルエンザに関しての総合ページがあるので、そちらの情報も参考にしてみてください。
インフルエンザの予防に関する情報やポスターや動画など多くの情報が記載された啓発ツール、インフルエンザに関するQ&Aなどが掲載されています。

厚生労働省 インフルエンザ総合ページ
厚生労働省 平成30年度 今冬のインフルエンザ総合対策について
厚生労働省 インフルエンザQ&A
厚生労働省 インフルエンザ啓発ツール
> AXELトップへ戻る