アズワンのAXELショップ > 熱中症の原因と症状、対策と予防策

熱中症の原因と症状、対策と予防策

熱中症とは

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
高温多湿な環境の中で身体に熱を持ち体温が上昇しながらも、体が対応できなくなり、引き起こされる様々な症状のことをいいます。
外で大半の時間を過ごすような作業者の方、屋外でスポーツをされる方や高齢者の方は体温上昇の可能性が高い(また、体温の調整が環境や体調の関係で難しい)ため、熱中症が発生しやすいといわれています。
熱中症は最悪の場合死に至る恐ろしいものですが、しっかりと対策すれば防げるものです。
まずは熱中症を知り、熱中症に対しての意識を高め、そして対策と予防策を学んでいきましょう。

熱中症の症状

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
熱中症の代表的な症状を上げていきます。
これらが発生した場合は要注意なので、すぐに作業を中断し対策してください。

■熱中症の症状1:頭痛、めまい、吐き気

ズキズキと頭に響くような頭痛が起きます。
立ちくらみのようなめまい、吐き気からくる嘔吐もあります。
これは体温上昇に伴い頭に熱をもつことで発生すると考えられます。
頭痛、めまい、吐き気の症状イメージ

■熱中症の症状2:体の節々の痛み

「こむら返り」という筋肉がつったり硬直したり、痙攣するような症状が発生します。
この状態は体が熱くなりすぎて筋肉に疲労が蓄積しておきると考えられます。
体の節々の痛みの症状イメージ

■熱中症の症状3:顔のほてり、異常な汗のかき方

顔が熱をもって暑くなり、汗がとめどなく出る、またはまったく汗をかかなくなります。
体温調節機能が狂ったことにより正常な発汗が出来ない状態です。
顔のほてり、異常な汗のかき方イメージ

■熱中症の症状4:体が熱をもつ、皮膚の異常

体を触ると熱をもっており、また、皮膚が赤くなりカサカサになります。
体外の熱、体内の熱により体内の水分量が少なくなった結果起きる症状だと考えられます。
体が熱をもつ、皮膚の異常の症状イメージ

■熱中症の症状5:呼びかけに応答できない、歩けない

熱のせいで意識が朦朧とし、歩けない状態です。
この症状が出ている場合は最も危険な状態となります。
すぐに病院へ行き、治療を受けてください。
呼びかけに応答できない、歩けないイメージ

熱中症の原因

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
熱中症は暑さによって体温調節機能が狂って体が熱をもち、体内の水分・塩分量が不安定になってしまうことが原因と考えられています。
また、環境や体の状況も熱中症に大きく関係しています。
日差しが強い・暑い・無風の環境では熱中症が起こりやすく、また、体温が上昇している時や疲れ・寝不足が溜まっているときなどは熱中症になりやすいといわれています。
熱中症になりやすい環境のイメージ

熱中症の対策・予防策は

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
先ほどの原因をひとつづつ潰していくこと、それが熱中症の対策・予防策となります。
というわけで熱中症を防ぐには下記が重要となります。

1、水分をこまめに取る

体温の上昇や発汗により失われた水分を補給することは何より大切なことです。
ただ、過度に水ばかりを摂取していると「水中毒」になってしまいますので、注意してください。
水分補給のイメージ

2、塩分を補給する

発汗は水だけでなく塩分も失われます。
スポーツドリンクなどは水分と共に塩分も摂取でるのでオススメです。
また、最近は塩分補給を目的とした塩レモン飴などが売られているので、これらもぜひ活用しましょう。
塩分のイメージ

3、十分な睡眠を取る

睡眠不足や日々の疲れを解消することでも、熱中症は防げます。
扇風機エアコンを駆使して快適な環境を作り、ぐっすり眠って睡眠と疲れを取ってください。
十分な睡眠のイメージ

4、熱中症にならない体を作る

1日3食しっかりとしたバランスのいい食事を取ることで、丈夫な体、すなわち熱中症になりにくい体を作ることが出来ます。
栄養バランスを考え、食べすぎに注意し、熱中症に負けない体作りを心がけてください。

しっかりとした食事のイメージ

■熱中症になってしまったときの対策

比較的軽度の場合は、まず体を冷却することが何より大事です。
水分を取りつつ、首筋、脇の下、足の付け根、足首を冷却してください。
これらの部分は動脈が通っている箇所なので、冷やすことにより全身の冷却が可能となります。
体温が40度近くあったり、頭が割れるような激しい頭痛があるような重度の場合はすぐに病院へ行き、治療を受けてください。
熱中症のイメージ

おすすめの熱中症対策・予防用品

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
先に記した熱中症の対策・予防策はもちろん大事ですが、最近では熱中症から身を守るためのサポートグッズも充実しています。
対策・予防策と合わせて活用し、熱中症になる確率をさらに下げるのもいいでしょう。

■体を冷やす

アズピュア涼感アームカバー

アズピュア涼感アームカバー

汗を吸水し、乾く際の気化熱を利用して体を冷やします。
吸水性・速乾性に優れています。
洗濯して繰り返し使用できます。
効果検証ページはこちら
詳細を見る
プロシェアやわらか保冷枕

プロシェアやわらか保冷枕

凍らせても固まらない、やわらかな保冷まくらです。
湾曲した部分にもフィットします。
詳細を見る

■水分を補給する

経口補水パウダー W-AID

経口補水パウダー W-AID

水に溶かすだけで水分と電解質の補給ができます。
過度な発汗時、冬場の脱水対策にご利用できます。
詳細を見る
アクトウォーター

アクトウォーター

水分補給と、電解質バランスに配慮したゼリー飲料です。
ほどよい塩味とさわやかなライチ風味でおいしく水分補給!
詳細を見る

■環境を整える

温湿度表示計

温湿度表示計

別売りの温度センサと組み合わせ、大型表示できます。
上下限警報出力を標準装備しています。
詳細を見る
生活管理温・湿度計

生活管理温・湿度計

室内の快適温度・湿度をわかりやすく表示しています。
詳細を見る

熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~

熱中症とは / 熱中症の症状 / 熱中症の原因 / 熱中症の対策・予防策は / おすすめの熱中症対策・予防用品 / 熱中症対策・予防は常に意識を ~まとめ~
ここ数年、夏の猛暑が続き熱中症になる方が増えています。
それに比例して命を落とす方も増えているのが現状です。

「自分が熱中症なんて・・・」

そのように油断をしている方は大変危険です。
条件さえそろえば、誰でも熱中症になる可能性があるのです。
今一度熱中症に関する知識を持ち、しっかりとした対策・予防をしていきましょう。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。
AXELトップに戻る