アズワンのAXELショップ > 液体タイプ除草剤と粒剤タイプ除草剤の違いをお分かりですか。

液体タイプ除草剤と粒剤タイプ除草剤の違いをお分かりですか。

除草剤とは

除草剤とは / 登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使用シーン例
除草剤の成分にはすべての植物に影響を与える非選択性除草成分と特定の植物に強く影響を与える選択性除草成分があり、単独あるいは複数の成分を混合した製品があります。殺草効果作用は、植物の生存の基本である光合成を阻害したり、植物ホルモン作用をかく乱して枯らす成分が多く、根から吸収する成分と葉から吸収する成分があります。
除草剤には液体タイプと粒剤タイプの2つに分かれます。

■液体除草剤とは

比較的早く雑草が枯れはじめますが、作用性は2タイプあります。茎葉散布型の除草剤で根からはほとんど吸収されず、生えている雑草だけを退治する除草剤です。一部、茎葉からも根からも吸収される除草成分もあり、雑草の種子まで枯らし、長期間効果が持続します。液体除草剤には、原液(希釈して使用)タイプとそのまま使えるストレートタイプとがあります。
・ストレートタイプは、小面積やワンポイントで雑草を退治するのに向いています。茎葉部分に散布して葉から吸収させて効果を発揮しますが、雑草全般に効果のあるタイプと、イネ科植物の芝生には影響を与えず、その中に生えている広葉雑草を選択的に枯らすタイプがあります。
特徴としては、雑草にサーッとまくだけで、手軽に雑草を枯らすことができます。有効成分は主に茎・葉から吸収されるため、比較的雑草が伸びた場合でも有効です。
・原液タイプは、雑草全般に効果のある液剤と芝生の中に生える広葉雑草を枯らす液剤があります。
特徴としては、希釈して散布するため大量の散布液が作れ、広面積にまくのに適しています。土に散布するタイプと異なり直接葉に散布するため、除草剤の成分はすぐに吸収されて効果が早く現れます。

■粒剤除草剤とは

一年生雑草から多年生雑草まで退治するものが多いです。雑草の根から吸収されて効果を発揮するので、雨上がりなど地面が湿っているときに散布するのがポイントです。大きくなった雑草には不向きですが、これから生えようとしている雑草を枯らし、発芽を抑える作用もあるので長期間効果が持続するものが多いです。特徴としては、パラパラとまくだけで、雑草を枯らし長期間発生を抑制します。有効成分は主に根から吸収されるため、発生前の予防散布や生育初期の雑草で有効です。

①草が伸びれば根も伸びる!

草丈が高くなるにしたがって、根も地中深くまで伸びていきます。

②除草剤を根が吸収する!

除草剤の成分が水に溶け、地中に層を作ります。地表近くの根がその成分を吸収します。

③根から茎や葉へ伝わる!

除草成分が雑草の栄養生成・取り込みを阻害し、雑草を枯らします。

①雑草が生える前に散布!

土の表面に除草剤を散布します。

②除草成分が土にとどまる!

除草剤はすぐに分解されずに土中に留まります。

③種子は発根後すぐに枯れる!

雑草の種子は発根の後すぐに除草剤を吸収し、枯れます。

登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い

除草剤とは / 登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使用シーン例

■登録除草剤とは

農林水産省が定める農薬取締法に基づく登録を受けている除草剤のことです。(農林水産省登録番号:第○○○○号)
登録除草剤の中でも食用作物の周辺で使用できる「農耕地用除草剤」と、その他植物の栽培・管理目的に使用できる「非農耕地用除草剤」とに分かれます。
例:田畑や果樹園では「農耕地用」、公園や庭園等では「非農耕地用」商品に表記されている適用作物・場所のみ使用可能です。そのため、商品によって使用できる適用範囲が異なります。
登録除草剤を販売する場合は、「農薬販売業届出」が必要となります。
有効年月があります。

■無登録除草剤とは

農林水産省が定める農薬取締法に基づく登録を受けていない除草剤のことです。
農薬として使用することができないため、植物の栽培・管理目的での使用は禁止されております。
違反した場合、その使用者は法律により罰せられます。
農薬ではないため、「農薬販売業届出」の登録が無い店舗でも販売可能となります。
有効年月はありません。
詳細は農水省資料よりご確認ください。

除草剤の使い分け方

除草剤とは / 登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使用シーン例

【液体】

■グリホサートイソプロピルアミン塩(アミノ酸系)・・・・液体除草剤の一般的な成分。根まで枯らします。
■グルホシネート(アミノ酸系)・・・根は枯らさず、葉、茎を枯らします。
■ペラルゴン酸・・・・食品成分から作られた、かけてすぐに効き始める超速効性の成分です。

【粒剤】

■ヘキサジノン(トリアジン系)・・・雑草の発生を長期間抑えます。
■ブロマシル(ダイアジン系)・・・・笹、ススキ、チガヤなどのしつこい雑草を根までも枯らします。

除草剤の使い分け方

除草剤とは / 登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使用シーン例

■粒剤と液剤の上手な使い分け方

2~3月頃の雑草が生える前~背丈が低い時期には長期持続型の粒剤除草剤を使用します。
粒剤除草剤をまく時には雨上がりなど、土壌が湿っているときがおすすめです。
雑草の背丈が高くなってきた時期には速効性のある液体除草剤を使用します。
液体除草剤をまく時には天気が良く散布後すぐに雨が降らないときがおすすめです。

■登録除草剤(農耕地用・非農耕地用)と無登録除草剤の使い分け

畑や田んぼ、果樹園など食用の農作物がある場所では、その農作物に適用がある「農耕地用除草剤」を使用します。
公園や庭園、花だんなど有用な植物が近くにある場所では、登録除草剤の「非農耕地用除草剤」を使用します。
駐車場や運動場、道路や庭など有用な植物が近くに無く雑草のみの場、「無登録除草剤」を使用することができます。

除草剤の使用シーン例

除草剤とは / 登録除草剤(農薬)と無登録除草剤(非農薬)の違い / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使い分け方 / 除草剤の使用シーン例

■雑草を枯らしたあとに植物を植えたい時

除草剤をまいた後に植物を植えたい時は、残効性がなく土に分解される成分の液体除草剤を使用してください。
畑で使用する場合は、必ず育てたい農作物が登録されている除草剤を使用してください。

■樹木周りの雑草を枯らしたい時

液体除草剤を使用する場合、樹木の幹や根にかからないよう注意して雑草に直接まきます。
粒剤除草剤を使用する場合、樹木の枝張りの先端まで根が張っているため、そこからさらに1mほど離してまくようにしてください。
幹に近い部分の雑草には液体除草剤か草刈りをしてください。

■傾斜地の雑草を枯らしたい時

傾斜地の雑草を枯らす場合、根まで枯らしてしまうと地盤が緩くなり傾斜が崩れてしまう場合があります。
その場合は地上部のみを枯らし根は枯らさない、グルホシネート成分の除草剤がおすすめです。

■子どもやペットがいる家庭の庭にまきたい時

家庭用除草剤として販売されている登録除草剤は、様々な試験をクリアしているため使用上の注意を守って正しく使用すれば安心安全に使用することができます。また、成分は植物特有の光合成などを阻害して枯らす為、人間や動物にも安全性が高いといえます。
それでも気になる場合、食品成分からできた除草剤を使用することをおすすめします。
除草剤を使用後の立ち入りは、薬剤が落ちたりして十分な効果が出ない場合があるため、散布当日はその場所へ立ち入らないようにしてください。

オススメの除草剤

根まで枯らす除草剤

根まで枯らす除草剤

葉茎から吸収され根まで枯らします。
詳細はこちら
このまま使えるシャワータイプ除草剤

このまま使えるシャワータイプ除草剤

葉茎から吸収され根まで枯らします。
薄めずにそのまま使えます。
詳細はこちら
グルホシネート

グルホシネート

根は枯らさない為、土手やあぜ道なども崩さず使用。
枯れにくい雑草にもよく効きます。
詳細はこちら