アズワンのAXELショップ > 今から出来る水害への備え

今から出来る水害対策

日本の豪雨は増加傾向にある

日本の豪雨は増加傾向にある / 水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」 / 水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」 / まとめ / 水害対策用品のご紹介
各地で異常気象が頻繁に起こっていますが、局地的な大雨もその一つです。
気象庁によると、日本国内で1時間降水量50mm以上の大雨の発生回数は30年間で約1.4倍に増加しています。
このような現象の原因について明確になってはいませんが、地球温暖化が関係していると考えられており今後も局地的な大雨も増加する可能性が高いとされています。
豪雨災害へ備えるためにはどのような対策が有効なのでしょうか。
1時間降水量50mm以上の年間発生回数
出展:気象庁ホームページ

水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」

日本の豪雨は増加傾向にある / 水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」 / 水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」 / まとめ / 水害対策用品のご紹介
大雨で河川が増水するなどして洪水が起こった場合、被害を抑えるためには事前に氾濫時の危険箇所や避難場所についての情報を知っておくことが大切です。
国土交通省や都道府県では、想定される最大規模の降雨により河川の氾濫によって浸水した場合の水深や浸水継続時間の情報を洪水浸水想定区域図として公表しています。
市町村では洪水浸水想定区域図を元に、洪水予報の伝達方法や避難場所などを記載した洪水ハザードマップを作成しています。
実際に過去に起こった水害ではハザードマップで想定されていた被害や地域がほとんど一致しており、事前に内容を把握しておくことで、いざという時の備えになります。
洪水ハザードマップはお住まいの市町村より配布またはホームページ等で公表されています。
また、国土交通省ではハザードマップを検索できるポータルサイトを開設しています。
洪水浸水想定区域

水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」

日本の豪雨は増加傾向にある / 水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」 / 水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」 / まとめ / 水害対策用品のご紹介
洪水が発生した場合、被害を最小限に抑えるためには事前の準備や対策が重要です。
自宅や職場などでもできる水害対策を紹介します。

(1)土のうや水のうなどで水の浸入を防ぐ

出入口等に隙間なく並べ、建物への水の浸入を防止します。
また、排水口に水のうなどを置いておくことで水の逆流を防ぐことが出来ます。

(2)貴重品などの保管場所を見直す

万が一浸水が起こった際に、貴重品が紛失してしまうとその後の生活に影響を及ぼす場合があります。
大切な書類や貴重品は防水ケースや耐水性の保管庫で管理することで水害から守ることができます。

(3)災害用の備蓄品をまとめておく

いざ避難しなければいけない時に持ち出すため、非常食やライトなどは事前に用意しておきましょう。
出来るだけ身軽に避難できるコンパクトな防災セットも販売されています。
備蓄のイメージ

まとめ

日本の豪雨は増加傾向にある / 水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」 / 水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」 / まとめ / 水害対策用品のご紹介
近年国内では洪水による大きな被害が多発しており、水害への危機管理がますます重要になっています。
まずは出来る範囲で準備を進め、万が一に備えましょう。

水害対策用品のご紹介

日本の豪雨は増加傾向にある / 水害への備え①「洪水ハザードマップで事前に情報を把握する」 / 水害への備え②「出来る範囲で準備・対策をする」 / まとめ / 水害対策用品のご紹介
土のう袋

土のう袋

約25kg(土砂)の目安ライン付きです。
詳細はこちら
書類専用防水ケース

書類専用防水ケース

重要書類を水から守ります。
耐熱177℃試験実施済み。
詳細はこちら
耐火金庫用防水保管庫

耐火金庫用防水保管庫

驚異の防水性能。
水深1.5mにおいて24時間防水を実現。

詳細はこちら
ポケットコート

ポケットコート

持ち運びに便利なコンパクトサイズです。

詳細はこちら
ボックスウォール

ボックスウォール

本体にかかる水圧により固定され止水するため、アンカーボルトなどによる地面への固定は必要ありません。

詳細はこちら