ナビス 看護・医療・介護

AXELホーム > ナビス(看護・医療・介護)特集ページ > アルティア導入事例4 扇大橋病院

色彩効果と作業効率の向上を目指して

ナースステーションの改修に至った経緯と、こだわった点についてお教えください。

 今回の改修は、看護師長よりアルティア収納ユニットの導入要望がきっかけでした。ナースステーションも老朽化していた事もあり、スタッフの動線やレイアウトを見直す良いタイミングと思い、改修することにしました。
 特にこだわった点は「色」です。ユニットの色調に合わせて内装のイメージを薄いピンク色で統一したことで、明るく優しい雰囲気の、癒される空間になりました。(事務長談話)

アルティア収納ユニットを選定した理由を教えてください。

 建物の構造上から、収納ユニットの設置スペースが限られていました。そこで当院の要望に対応できる製品と考え、種類が豊富で自由に組合せが出来るアルティアユニットにしました。色も選べて床から天井まで無駄なく収納が出来る点も大きな選定要因でした。(看護師長談話)

アルティア収納ユニット導入されて何か変わりましたか?

 さまざまなスタッフの意見を取り入れ、作業しやすい組み合わせで構成しました。このことで動線が短くなり、作業が楽になりました。物品の収納場所や残数が把握しやすくなった事で在庫補充の手間が減少し、患者様へのケア時間を増すこともできました。音が静かなので夜間でも周囲を気にしないで使用できますし、何より見た目も華やかでステーション内が明るくなりました。
(看護師長談話)

  • 導入前

  • 導入後

院内やスタッフウェアなど多彩な色を使用されている理由をお聞かせください。

  当院は、慢性期の療養型で高齢者の患者様に少しでも色彩効果で、元気で明るい気持ちになって欲しいと思っています。スタッフには、その日の気分で好きな色のユニフォームを着てもらい、毎日気持ちよく働いて欲しいと考えています。患者様やご家族からも「綺麗な色ですね」とご好評をいただいているとスタッフからも聞いております。(事務長談話)

弊社アズワンショールームを見学されて如何でしたか?

看護師長:細川 敦子(ほそかわ あつこ)

 展示会でショールームを紹介して頂きました。色々な製品を実際に「見て」「触れる」ことが出来たので感触が伝わりやすくイメージができました。展示会より製品が揃っていて丁寧に説明して頂けたので良かったです。(看護師長談話)

ナビス担当者より

今回の改修にあたっては、医療展示会出展ブースに看護部長がご来訪され、その2日後に東京ショールームにお越し頂きました。
 ショールームでは、看護師長様を中心にスタッフの方々でナースステーションエリアの課題と改善に向けた話合いが行われ、スタッフ動線や製品運用のイメージをしながら検討して頂きました。製品確定時には事務長様もお越しになり、選定製品と設置条件の確認をされ、ご採用頂きました。今回印象に残ったことはアルティアユニットを軸にして、スタッフ全員が同じ目的・目標をもって取組まれたプロジェクトになり、随所にこだわりを感じる改修ご支援でした。地域密着型で運営される病院で働かれているスタッフの方々も礼儀正しく、患者様へのケアにも心の通った素晴らしい施設の中で、ナビス製品をご採用頂けたことに感謝しています。

医療法人社団仁幸会 扇大橋病院(東京都足立区)

「扇大橋病院」では、患者様が求める「医療療養中心の病院」に取り組んでいます。患者様が健康を取り戻すまで、安全で適切な医療を提供し、地域の皆様に貢献できる病院を目指しています。

医療法人社団仁幸会 扇大橋病院(東京都足立区)

理事長兼院長:金光 裕仁(かねみつ ひろひと)

標榜診療科:内科・アレルギー科・リウマチ科・外科・歯科
病床数:96床(平成27年3月現在)
所在地:〒123-0873 東京都足立区扇1-55-28
電話:03-3890-1171 
ホームページ:http://ougioohashi-hp.webmedipr.jp/