アズワンのAXELショップ > ピンクリボンキャンペーン

ピンクリボンは乳がんの早期発見・早期診断・早期治療の大切さを伝えるシンボルマークです。
ピンクリボン運動は、女性の8人に1人が乳がんを患うといわれているアメリカで1980年代から市民運動として盛んに行われてきました。
日本では、11人に1人の女性が乳がんを患い、乳がんで亡くなる方は年間約1万3千人と、女性の壮年層のがん死亡原因のトップとなっています。
日本でもピンクリボンシンボルを揚げ、乳がんの早期発見の大切さを訴える運動が年々活発に行われています。

キャンペーン概要・参加方法

■医療従事者の皆様

1)期間中にリットマン 聴診器をご購入
販売1本につき200円を乳房健康研究会*へ寄付します。
*認定NPO法人乳房健康研究会 以下同研究会と記載
2)アンケートに回答
回答者全員にピンクリボンバッジとネームプレートをプレゼントします。
1回答につき100円を3Mより同研究会へ寄付します。

■すべてのみなさまへ

3)ソーシャルメディアで活動をシェア
抽選で100名様にピンクリボンバッチをプレゼントします。
1投稿につき10円を3Mより同研究会へ寄付します。

参加方法
①Twitter: #3Mピンクリボン でリンク先をツイート
② Instagram: #3Mピンクリボン でピンクのものを投稿
現在 寄付しました。

キャンペーン対象の聴診器

クラシックⅢ™

   
シリーズ名 通常価格 キャンペーン価格

¥12,800

¥13,900

ガーディオロジーⅣ™

   
シリーズ名 通常価格 キャンペーン価格

¥27,000

¥29,000

皮脂に強く、しなやかで厚みのあるチューブ
外部からの雑音を遮断し、微弱な音もしっかり伝えます。
イアーチューブは外耳道にあわせるために最適な角度がついているので、安定した環境で聴く事ができます。
根元を回して切り替えます。
成人用側に穴が見える時 → 成人用の聴診が可能
小児用側に穴が見える時 → 小児用の聴診が可能
ご自身の耳に合わせて変更できる
ソフトシーリング・イアーチップ“小”が付属
サスペンデッド・ダイアフラム
チェストピースを皮膚にあてたまま、押さえつける力の強弱で低周波音と高周波音のモード切り替えが出来ます。
低周波音聴診時
軽くあてるとダイアフラムは機能せず、ベルタイプの働きをします。
高周波音聴診時
強くあてるとダイアフラムがリングに接触し、高周波音が聴診できます。
シーリングイアーチップ
快適なフィット感だけではなく、優れた遮音性も提供します。
イアーチップと耳の隙間を通じて侵入する騒音を遮断します。
小児用側は付属のノンチルスリーブに変更すればベル部として使用できます。

進化した医師向け聴診器の定番

成人用と小児用ダイアフラムを両面に搭載した伝統的なデザインと、新しい曲線的なフォルムのチェストピースをあわせ持つ医師向けの聴診器です。
成人から小児までこれ一器で診察が可能です。
ダイアフラムとリムの段差が少ない“一体成型ダイアフラム”を採用し、お手入れも簡単に行えます。
サスペンデッド・ダイアフラム
チェストピースを皮膚にあてたまま、押さえつける力の強弱で低周波音と高周波音のモード切り替えが出来ます。
低周波音聴診時
軽くあてるとダイアフラムは機能せず、ベルタイプの働きをします。
高周波音聴診時
強くあてるとダイアフラムがリングに接触し、高周波音が聴診できます。
シーリングイアーチップ
快適なフィット感だけではなく、優れた遮音性も提供します。
イアーチップと耳の隙間を通じて侵入する騒音を遮断します。
高感度ツーインワン・チューブ
3M™リットマン™ステソスコープ マスターカーディオロジー™、カーディオロジーⅣ™には、2本のチューブを一体型にし、音響特性に優れたツーインワン・チューブを使用しています。
全ては紙製の筒から始まりました。

■現代の聴診器-200年の歴史

1816年、フランス人の医師ルネ・ラエンネックが紙製の長い筒を使って患者さんの胸の音を聴いたことが聴診器の始まりです。
一体どのようにしてラエンネックがこの発明をしたかについては諸説あるが、この筒を通して聴く音はそれまでの心音や肺音の聴診法をはるかに改善させました。
ラエンネックは、ギリシャ語の”stetho=胸”、と”skopein=検査”から”stethoscope=聴診器”と名づけました。
彼はまた、聴診器を使うことを”auscultare(聴く)”から”auscultation(聴診)”と名づけました。
さらに25年後、米国ニューヨーク州の医師ジョージ・カマンが初めて、それぞれの耳に差し込む形の聴診器を発明した。
このデザインは100年以上もの間、ほどんど変更が加えられずに使用されています。

■21世紀の医療に関わり続ける

今日、3M™ リットマン™ 聴診器は、何百万人もの医療従事者が世界中で使用する聴診ツールとして毎日使用されています。
聴診を学び、実践する医療従事者は、迅速にアセスメントし患者さんを診察するかけがえのない技術を得ることができます。
聴診器はまた、患者さんと初めて接する上でも重要です。聴診器を使うことで、患者さんに実際に直接触れることなく、”触れる”ことができるのです。
聴診によってアイスブレイクができ、患者さんの不安を和らげ、信頼関係を築くことができます。
聴診器を最初に使うことで患者さんは正しく扱われていると感じることができるのです。
チェストピースに加える力を調整することにより高低周波音域を聴取できるダイヤフラムや、周囲の雑音を低減する技術、Bluetooth接続などのたくさんの3Mの革新により、3M™ リットマン™ 聴診器はラエンネック(おそらくリットマン博士でさえも)の大きな夢を大きく超えているといえるでしょう。
3M™ リットマン™ 聴診器は、音響性能に優れ、革新的なデザインであり、ひときわ優れた機能を発揮し、全てのほかの聴診器が評価される際のゴールドスタンダードとなっています。

 






























エレクトロニック ステソスコープ Model3100          
エレクトロニック ステソスコープ Model3200        
ステソスコープ マスターカーディオロジー™          
ステソスコープ カーディオロジーⅣ™        
ステソスコープ マスタークラシックⅡ™              
ステソスコープ クラシックⅢ™      
ステソスコープ クラシックⅡ™(小児用/新生児用)                
ステソスコープ セレクト                
ステソスコープ ライトウェイト Ⅱ S.E                
ステソスコープ スペシャリティ