AXELショップ > 医療環境の整備 > ビニールディスポ手袋

ビニールディスポ手袋

処置時や処置後の処理の際に使用します。伸縮性や破れにくさ、装着のしやすさ等を基準として選びます。厚さにも種類があり、厚い手袋は比較的破れにくいです。パウダー付とパウダー無しがあります。パウダー付は手袋の内部にコーンスターチを付着させており、手袋は装着しやすいですが、手袋を外すと手にパウダーが付着します(洗えば落ちます)。パウダー無しはパウダー付と比べて装着はしにくいです。
ビニールディスポ手袋の材質は塩化ビニル樹脂ですので、ラテックスアレルギーの方でも使用できます。
ビニールディスポ手袋は一般的に調理作業には使用できません。調理作業で使用する際には食品衛生法に適合したディスポ手袋(ニトリル樹脂製等)を用います。