絆創膏

傷口の大きさに合わせ複数のサイズのものを常備します。防水性、透湿性、伸縮性、肌へのやさしさなどから選びます。子どもの傷の他、職員のけがやあかぎれなども対象として備蓄するものを検討します。