デジタルリアルタイムPCR LOAA Analyzer

結果までわずか3ステップ
圧倒的にシンプルなデジタルリアルタイムPCR

LOAA(Lab On An Array)は、細分画されたウェルベースのデジタルリアルタイムPCRです。CMOSフォトセンサー半導体技術を採用したことで、1つのプラットフォームでのデジタルPCR、マルチプレックスPCRが可能になりました。サーマルサイクラー、ドロップレットジェネレーター、蛍光検出デバイスなど複数の機器を使用せず、本体だけでPCR反応と分析を行うことができます。

特徴

● スタンドアローン型デジタルリアルタイムPCR
● PCR反応をリアルタイムに確認
● 置き場所に困らないコンパクトサイズ
● インタラクティブ5.5インチタッチスクリーン搭載
● 直感的に操作できるインターフェース
● ワークフローの所要時間は約1時間
● バーコード読み取りによるサンプル管理

システム構成

LOAA Analyzerは、本体、サンプルローダー、専用カートリッジの3つから構成される非常にシンプルなシステム構成です。

ワークフロー

かつてないほど簡単なデジタルPCRワークフロー

LOAA Analyzerは、1.dPCR mixtureの調製、2.サンプルローダーによるカートリッジへの自動充填、3.本体でのPCR増幅&蛍光検出、のわずか3ステップで操作が完了します。そのため、従来のdPCRシステムに比べ、簡単操作、短時間でデータが取得できます。その所要時間は約1時間です。

デジタル“リアルタイム”PCR

LOAA Analyzerは、PCR増幅を行いながら毎サイクル、全ウェルで蛍光データを取得します。その結果、全てのウェルに対して、“リアルタイム”PCRのような増幅カーブが得られます。これは、増幅カーブの立ち上がるサイクル数やその波形から、非特異的な増幅(False Positive)の判定に役立ちます。これは従来のdPCRシステムでの“エンドポイント”検出では困難な機能です。

アプリケーション

遺伝子発現解析

遺伝子発現レベルのわずかな違いを検出

ウイルス定量

サンプルに含まれるウイルス数の絶対定量

シングルセル解析

一細胞レベルの遺伝子発現解析

コピー数多型解析/レアバリアント検出

Wild Typeとのコピー数の差異を確認やレアバリアントの検出が可能

NGSライブラリー定量

NGS用ライブラリーの正確な定量

仕様

型式 LAM301-01
商品コード 300020
サンプル量 30 μL
反応ウェル数 20,000 ウェル
サンプル量(1ウェル) 0.94 nL
サンプル数 1
カートリッジ 1回限り (disposable)
試薬 LOAA® Dr. PCR dPCR premix
LOAA® Dr. PCR Onestep dRT-PCR premix
光源 LED
検出チャンネル 2カラー
1st チャンネル: FAMなど
2nd チャンネル:
 [FRET][FAM][Cy5]、
 Quasar® 705、
 [FRET][FAM][Pulsar® 650]など
PCR検出法 リアルタイム
検出器 CMOSフォトセンサー
ディスプレイ インタラクティブ5.5 インチ タッチスクリーン(Android 7.x)
外部接続 USB / Ethernet / Wi-Fi
データ出力フォーマット PDF、odpi2(解析ソフト用拡張子)
解析ソフト LOAA本体: Built-in analyzer software
PC用解析ソフト: OPT pro 1.0
カートリッジサイズ φ 5.5cm × 1.1 cm
本体外寸法 (WDH) 20.6cm × 25cm × 24cm
重量 3.4 kg
電源容量 100-240VAC、50~60Hz、1.3A
構成 LOAA Analyzer(本体)、
LOAA Sample Loader POSTMAN(サンプルローダー)

お問い合わせ