バイオ3Dプリンタ BIO X

バイオ3Dプリンタ

バイオ3Dプリンタ

BIO Xは、従来のバイオプリンティング製品にはない機能を多数搭載した、世界で最も使いやすく汎用性の高いバイオ3Dプリンタです。開発元のCELLINK(スウェーデン)は、これまでに画期的なバイオ3Dプリンタとバイオインクを開発し、60ヶ国以上の国や地域において1,800以上のラボへの導入実績がございます。特許取得済みチャンバーでクリーンな環境を徹底し、タッチパネルで誰でも簡単に操作が行え、複雑で機能的な立体造形を可能にします。
複数のプリントヘッドが、異なるマテリアルや細胞のプリントを可能にします。ヘッドは交換可能なモジュール式となっており、温度調節も可能なため、マテリアルに合わせた設定が可能です。また、クリーンベンチにも収納できるコンパクト設計などの特長があります。
バイオプリンティングされた組織は、創薬の早期段階において、新たな治療薬や治療法の安全性や有効性の評価試験に使用することができます。これにより、失敗回数を減らし、動物実験とは別に、ヒト細胞の3次元培養モデルを採用することで、新薬および新規治療法の研究開発を加速することが可能です。

お問い合わせ