実験室の読み物実験室にまつわるコラムや法令対応に関するノウハウを公開しています。

実験室の換気と給排気 換気計画について

実験室の換気について、その重要性と適した方法をご紹介いたします。

換気の目的

換気は、人間の活動において発生する汚染物質(二酸化炭素、窒素酸化物、粉塵、臭いなど)や、水蒸気(湿気)を室外に排出し、
新鮮な外気を入れて、室内の空気をきれいに保つ役割を持っています。

実験室においては、薬品類を多く取り扱い、臭気も発生し易いため、快適な実験環境を保つために、換気が重要です。
また、ドラフトや局所排気設備のある実験室では、その排気量を考慮した換気方式・給気方法を検討する必要があります。

実験室の換気回数

実験室の換気回数は、1人当たりの補給量など経験値に基づいたデータを参考にして計算します。

実験室の種類 回/hr
物理実験室 3~8
化学実験室 6~20
有機合成実験室 15~18
有毒物実験室 20~30
RI実験室 15~30
応用実験室 5~10
生物実験室 5~10
医薬実験室 5~10
薬品実験室 5~10
溶媒貯蔵室 5~12
オートクレーブ室 10~15
動物小舎 4~20

実験室換気の方法

換気の方法は大きく分けて、自然換気(自然の力を利用する)と機械換気(機械の力を利用する強制換気)に分かれます。
また機械換気はその方法によってさらに3つ(第一種~三種)に分かれています。

実験室は一般の居住空間と異なり、換気回数が多く、更に、ドラフト・局所排気設備などによる排気量の変動も大きいため、
窓・扉・換気口からの自然換気だけでは不安定で能力に限界があります。

そのため、実験室の換気方法としては機械換気が最も適しています。
実験室の種類、大きさ、使用方法によって差異はありますが、機械換気の中でも、第一種換気(排気、給気とも機械を用いて強制的に行う換気方法)が理想的です。
更により良い実験環境を保つために、給気の温湿度を室内の状況に合わせた供給にする、
実験室内における給排気の圧力バランスを調整し各エリアの圧力差に配慮する、なども重要な要素となります。

実験室の換気・排気にお困りの際は、ぜひご相談ください

実験室の換気についてお困りの事がありましたら、お気軽にご相談ください。
アズワンの設備ブランドASSREの専門チームが、最適なご提案をさせて頂きます。