アズワンのAXELショップ > SANIFOODSトップ > 食品微生物検査の手順(検体前処理) > 食品微生物検査の手順(真菌)

食品微生物検査の手順
(真菌)

塗抹法

 
真菌培養は、培地調製時に抗生物質(クロラムフェニコールなど)を添加することで、他の細菌の発育を抑制することができます。
真菌培養
真菌検査はバラつきがあるため、同一希釈について3枚以上のシャーレに0.5mlまたは1mlの検液を接種します。

コーンラージ棒で塗抹

コーンラージ棒で培地表面に塗沫します。
コーンラージ棒で塗抹

23~25℃、5~7日間培養

23~25℃で5~7日間培養します(夏場などは、室温が培養温度を超えることが予想されますので、クールインキュベーターをご使用ください) シャーレにコロニーが10~100個程度発育した希釈段階のシャーレから得られたコロニー数を採用して計測します。
シャーレ内のコロニー

微生物検査を始めたい企業様へ

微生物検査に関して、まずはお問い合わせください

検査をしたことがないけど検査をしたい、スペースがない、どうやって検査を初めていいかわからない、何から手をつけたらいいかわからない、そんな方はまずはご相談ください!!