アズワンのAXELショップ > SANIFOODSトップ > 食品微生物検査の手順 > 食品微生物検査の手順(一般生菌数)

食品微生物検査の手順
(一般生菌数)

混釈法

手順1

各希釈段階につき2枚のシャーレに、調整した検体液を1mlずつ注入します。
対照として使用した滅菌希釈水を注入したシャーレも1枚用意しておきます。 検体前処理のやり方はこちら
手順1のイメージ

■対照

使用している器具、試薬が無菌であることを確認する為に行ないます。
滅菌希釈水

手順2

45~50℃に保温しておいた標準寒天培地を検体液の入ったシャーレに15~20mlずつ加え、よく混ぜ合わせます。
暫く静置すると培地が凝固します。
手順2のイメージ

手順3

培地が固まったら、表面に培地4~5mlを薄く重層するか、クリーンベンチ内でシャーレのフタをずらして、培地表面を乾燥させます。
手順3のイメージ
培地を薄く重層するか、培地表面を乾燥させると発育した菌の表面での広がりを抑える事ができます。

手順4

フタをしてシャーレを倒置し、35±1℃のインキュベーターで48±3時間培養します。
手順4のイメージ

手順5

培地に現れたコロニーを計測し、シャーレ2枚の平均値を求めます。
これに希釈倍率を乗じて1gまたは1mlあたりの菌数とします。

コロニーカウントの方法

手順1

1枚当たりのコロニーが30~300個の範囲にある平板上に形成されたコロニーを計測します。
コロニーの計測には下記製品があると便利です。

手順2

同検体・同希釈倍率の2枚の平板のコロニー数の平均値を算出します。
そこに希釈倍率を乗じて、食品1gあたりのコロニー数を算出します。
下記の例を参考に算出ください。
手順5のイメージ

微生物検査を始めたい企業様へ

微生物検査に関して、まずはお問い合わせください

検査をしたことがないけど検査をしたい、スペースがない、どうやって検査を初めていいかわからない、何から手をつけたらいいかわからない、そんな方はまずはご相談ください!!